• 2018.09.20
  • お役立ち情報
  • UVインクジェットプリンター   UVプリンター   ガラス   便利グッズ   加工ノウハウ   金属

金属(アルミ、ステンレス)、ガラスにもUVプリントを可能にする便利グッズ「フレイムボンド」

金属(アルミ、ステンレス)、ガラスにもUVプリントを可能にする便利グッズ「フレイムボンド」

第2営業グループの松井です。

弊社では、レーザー加工機だけなく、ローランド ディー.ジー.株式会社様で製造しているUVインクジェットプリンター「VersaUVシリーズ」を販売しております。

今回は、そのUVインクジェットプリンターに関する便利なグッズをご紹介いたします。

 

ガラスや金属へのUVプリントを可能にする「フレイムボンド」

UVインクジェットプリンターは、主に紙やアクリル、ABS樹脂などのプリントに活用されているのですが、ガラスや金属への活用事例は少なく、UVプリントに適していないと思われていませんか?
そんな方へご紹介したいのが、この「フレイムボンド」です!
フレイムボンドを活用すると、通常UV印刷が困難なガラスやステンレスといった金属にもインクの密着性を高めることができるんです!

 

フレイムボンドとは?

フレイムボンドとは、ソフト99コーポレーション様の商品であり、有機液体金属を気化させて燃焼し、炎とともに吹き付けることによって、対象基材表面に密着性の高いナノレベルの「酸化ケイ素」を化学結合させ、印刷の密着性・接着性を格段に向上させることができる機器です。
簡潔に言うと、「くっつきにくい素材をくっつきやすくする」表面処理機です。

 

特徴1:他の処理方法に比べ作業時間が短いかつ簡素

処理方法は下記の3工程で、簡素で作業時間も短いです。

  1. 施工基材(処理する素材)を事前に脱脂する。
  2. 適正な距離・速度で炎を基材に当て、表面改質処理を行う。
  3. 印刷を行う。

1300℃の炎を使って処理をしますが、毎秒40cm程度の速度で処理をすると、基材表面は最大でも約60℃までしか上がらず、PPクリアファイルにも施工が可能になります。
秒速30㎝から40㎝の速さで一瞬炎を対象機材に当てるだけの処理なので、初めての方でも5~10分の練習で扱えるようになります。

 

特徴2:効果持続性が長い

施工後24時間まで効果持続があるので、前日に下処理をしておいて、翌日に印刷、なんてことも可能です。
ただし、処理後に触ったり濡らしたりすると持続性が失われてしまうのでNGです。(酸化ケイ素が剥がれてしまうため。)

 

特徴3:省スペースでの運用が可能

本体サイズがコンパクト(375×300×180㎜)で、必要な周辺機器もガスカートリッジ、ホース、バーナーだけです。本体重量も5.7kgと持ち運びも簡単です。
ただ、炎を使うので火気厳禁の場所では使用できないので注意してください。

 

特徴4:処理対象物の外観を変化させない

フレイム処理とは異なり、表面を荒らすこともありませんし、接着剤のような臭いもありません。酸素ケイ素を基材表面に乗せるだけの加工なので、基材の色が変わったり、ツヤが消えたりすることはありませんし、厚みも10数ナノサイズです。

 

表面改質処理が可能な対象素材

  • プラスチック類(ポリプロピレン、アクリル、ポリカーボネート、PET、ナイロン等)
  • メタル類(ステンレス、アルミニウム、メッキ処理基材、塗装板等)
  • ゴム/エラストマー(シリコンゴム、EPDM、天然ゴム等)
  • ガラス素材(板ガラス、耐熱ガラス、硬質ガラス等)
  • タイル、セラミック類
  • その他難接着素材

※定着については必ずテストを行い、満足できる印刷品質が得られるか事前に確認してください。材料の種類によっては、メーカーにより結果に差が出る可能性があります。

 

UVプリントの品質を比較してみました!

ステンレス板へUVプリントをして、フレイムボンドの効果を比較してみました。
下の画像をご覧の通り、処理をせずにプリントした左側は、インクが剥がれてステンレス面が見えていますが、処理を行った右半分は綺麗にインクがのっているのがわかります。

ステンレス板へUVプリントをして、フレイムボンドの効果を比較してみました。 下の画像をご覧の通り、処理をせずにプリントした左側は、インクが剥がれてステンレス面が見えていますが、処理を行った右半分は綺麗にインクがのっているのがわかります。

(左)表面処理を行わずプリント (右)フレイムボンドで表面処理後にUVプリント

 

以上、「フレイムボンド」のご紹介でした。UV印刷だけでなく、インクジェット印刷やシルク印刷など、様々な印刷に対応しますので、ビジネスの可能性が広がることでしょう。印刷機を既にお持ちの方、また今後購入予定の方も一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。

フレイムボンドの詳細はこちら(ソフト99コーポレーション様 WEBサイト)

 

記事作成にご協力いただき、ありがとうございました。
ローランド ディー.ジー.株式会社様、株式会社ソフト99コーポレーション様

 

レーザー加工機の選び方をまとめたガイドをプレゼント中!

目的・コスト・サポート、各内容ごとにレーザー加工機選定のポイントを「加工機選びで失敗しないコツ」としてまとめたここでしか手に入らない資料です。

 

レーザーカッター・レーザー加工機の無料コンサルティング

レーザーカット加工機に関して無料コンサルティングを実施しています。加工機選びはレーザーカット事業の第一歩にして一番の肝です。コムネット株式会社はお客様の最適な加工機選びをお手伝い致します。

 

  • コムネット株式会社
  • コムネットのお届けする
    レーザーカッター・
    レーザー加工機のお役立ち
    情報をいいねしてチェック!