TeamViewerでリモートサポート TeamViewerを使用して
リモートサポート!

「TeamViewer」のダウンロード時に下記の内容にご同意いただくものと致します。

・弊社サポート担当者がお客様のパソコンをインターネット経由で弊社のコンピュータと接続し、遠隔操作をさせていただきます。

・リモートメンテナンス作業の実施により、お客様のシステムに生じる予見できない障害及び損害につきましては、弊社は一切責任を負わないものといたします。

お客様サポートセンター

ハードウェア製品のよくあるご質問集(FAQ)

レーザー製品の質問

高さ(焦点)調整方法

高さがずれていた場合

線が太くなるため、カットは抜けが悪くなり、彫刻はボヤけたりします。
※わざと高さをずらして行う加工方法もあります。

オートフォーカスの高さ調整方法

●ヘッドの左にマニュアルピンを挿すタイプ(オートフォーカスピンはそのままで可)

●オートフォーカスピンを外して、マニュアルピンを挿すタイプ

1.電源をつけた状態で、マニュアルピンをヘッドに挿入します。
(この時、オートフォーカスピンの取り外しが必要な機種は取り外してください)

ハニカムを使用される場合は、ピンの下に適当な材料を敷きます。

2.テーブルを上下させて、マニュアルピン先端がテーブルあるいは敷いた材料の表面にちょうど当たる高さにします。

3.マニュアルピンを抜いてください。 (「1.」でピンを外した機種は、ピンを元に戻してください。)

4.コントロールパネルより、「Function」あるいは「Menu」を選択します。(機種により異なります)
ミラーレンズの挿入箇所を間違えないように、取り外す前に写真などを残してください。

5.十字キーの上下で「Machine Setting」を選択しEnterを押します。

6.十字キーの上下で「Tune auto-focus」を選択しEnterを押します。

7.高さや材料の位置を変えずにそのまま「Save」(機種により「Enter」の場合もあります)を選択します。すると一度オートフォーカスが行われます。

これでオートフォーカスの高さとマニュアルピンの高さが等しくなります。

関連するよくあるご質問


お客様サポートセンターのお問合せ窓口

ご購入いただいた製品についてご質問などは、右のフォームからお問合せください。担当者より折返しご回答いたします。

※サポート電話番号は、ご契約時の書類に記載しております。