加工機選びで失敗しないコツ

目的で選ぶコツ 目的で選ぶコツ

レーザーカッターには発振管(はっしんかん)と呼ばれるレーザービーム発生装置が内蔵されており、発振管のパワーをワット数で表記します。
注意点は同じワット数の機械でもレーザー加工機の製造メーカーが違えば性能、寿命も大きく異なります。
レーザーカッター選びで重要なポイントは、自分が何の素材を、どのような品質で、どれぐらいの数量を加工したいのかをイメージすることです。

何の材料(素材)をレーザー加工したい? 何の材料(素材)をレーザー加工したい?

  • アクリル、MDF、木材、紙、布、色々ある中で1番レーザー加工したいのはどの素材ですか?
    例えばMDFなら厚み何mmを加工したいですか?
    何mmかによってワット数によってカット出来る厚みが変わってきます。

    「5mmは絶対カットしたい!」そんな人には最低25ワット以上の発振管を装備したレーザーカッターが必要になります。
    「10mmはカット出来ないと仕事に使えない!」そんな人には最低80ワットの発振管を装備したレーザーカッターをオススメします。

  • レーザーカッター選びの第一歩は、どのような材料・素材の厚み何mmのモノをレーザー加工したいかを決めることです。
  • スタッフ2
スタッフ2

どのような品質でレーザー加工したい? どのような品質でレーザー加工したい?

  • 作りたい物は趣味の物ですか?
    販売する商品ですか?
    作りたい物、目的によって「求める品質」は変わってきます。
    例えばMDFの5mmを加工する際にも25ワットの発振管を装備したレーザーカッターで加工するのと、80ワットの発振管を装備したレーザーカッターで加工するのではカットした際の「焦げ」が変わってきます。

    これはワット数が高い程速く加工が出来るので、その分材料に対する熱影響が少なく済むからです。
    アクリルであればレーザーカット断面の綺麗さや寸法精度に、彫刻であれば彫り込みたい文字の微細さなどに影響します。

  • 機械選びの2番目のポイントは「レーザー加工に求める品質」です。商業目的で加工するなら性能重視で選ぶことです。
  • スタッフ2
スタッフ2

1日に何個レーザー加工したい? 1日に何個レーザー加工したい?

  • 何の材料(素材)を、どのような品質で加工したいかが決まれば、あとは「1日に何個作りたいか」です。
    レーザーカッターの「加工エリア」が大きいほど一度に多くの加工が可能です。
    また、「ワット数」が高い発振管を装備したレーザーカッターほど加工時間の短縮が可能です。

    例えばボールペンをご購入頂いたお客様にその場で名入れ彫刻サービスをするなら低ワット数の小型タイプのレーザーカッターでも良いでしょう。
    ただし、同じ加工でも1日100本以上レーザー加工場合は、一度にたくさん並べて、高ワット数のレーザー加工機で加工した方が圧倒的に早く加工が終わります。

  • 最後に重要なポイントです。レーザー加工機において生産力に差がつくのは「加工エリアの大きさ」と「発振管のワット数」です。
  • スタッフ2
スタッフ2

レーザーカッター選びで失敗しないコツ レーザーカッター選びで失敗しないコツ

  • 目的で選ぶコツ 目的で選ぶコツ

    目的で選ぶコツ

    商業目的で加工するかどうかを踏まえて、素材・サイズ・加工数・設置環境から最適機種を探す

    MORE → →

  • コストで選ぶコツ コストで選ぶコツ

    コストで選ぶコツ

    以外に知らせれていない、レーザービジネス上で発生するイニシャルコストやランニングコスト面から選ぶ

    MORE → →

  • サポートで選ぶコツ サポートで選ぶコツ

    サポートで選ぶコツ

    導入時のインストラクションや保守メンテナンスなど、サポート体制がレーザー販売会社にあるかどうかで選ぶ

    MORE → →