COMNET/コムネット ロゴ
業界別ソリューション
製品・サービス
活用事例
ものづくり応援
コミュニティ
サポート
会社情報
お問い合わせ

検索

UVプリントとの組み合わせに
最適なモデル

GCC LaserProシリーズSPIRIT

CCDカメラ(オプション)で正確な位置合わせが簡単に

レーザーカッター GCCシリーズ関連のお役立ち情報・最新情報を公開中!

最新情報を見る

ホーム製品・サービスGCCシリーズ > GCCシリーズ SPIRIT

SPIRITの特徴

微細な加工を得意

レーザーカッター GCCシリーズ SPIRITの特徴:微細な加工を得意とする

SPIRITは、Laser Proシリーズの中でも細かなカットを得意とします。印刷業界でレーザーカッターに求められるのは、トムソン等の抜き加工では難しい微細な紙の切抜き加工です。
紙等のカットした際に焦げの発生しやすい素材をキレイにカットするには、素早くカットすることが重要です。SPIRITなら入り組んだ細かなカットでも素早く加工し、焦げを軽減します。

UVプリントとの相性抜群

CCDカメラ(オプション)を使用すれば、印刷物との簡単位置合わせが可能です。位置、縮尺の補正を自動で行ってくれるので、UVプリントされたアクリルをカットするアクリルキーホルダー作成や、ペーパークラフトの作成等で従来の位置合わせ、データ修正の手間を省き、精度だけでなく、生産性も向上させることが可能です。

レーザーカッター GCCシリーズ SPIRITの特徴:UVプリントとの相性抜群

3つの安心で万全サポート

機械の不具合・消耗・故障など、万が一の時のために「安心パック」をご用意しております。
レーザーの心臓部分であるレーザー発振管、一部の消耗品を3年間保証。3年以降も安心してご使用いただけるように、保守メンテナンスパックもご用意しております。

レーザー安心パックの詳細はこちら ›

ギャラリー

SPIRIT 製品仕様

レーザーカッター GCCシリーズ SPIRIT 製品仕様
ワット数 40W 80W 100W
レーザー種類 Co2レーザー
彫刻エリア 640×460mm
カットエリア 740×460mm
最大加工物挿入サイズ 800×570×165mm
最大加工物挿入サイズ(ドアオープン時) 680×∞×165mm
外形寸法 1125×735×1005mm
電源 200~240V
消費電力 2640W 3300W 4400W
GCC LaserProシリーズ 共通仕様
焦点合わせ オートフォーカス(接触センサー式)
エアーアシスト キャタピラ格納ホース式
内部メモリ 32MB(64MBまで増設可能)
駆動方式 DCサーボコントロール
スピード制御 0.1%~100% 16色の色別コントロールが可能
パワー制御 1%~100% 16色の色別コントロールが可能
Z軸移動方式 自動制御
解像度 125、250、300、380、500、600、760、1000dpi
インターフェイス LANポート USBポート
レンズ 2.0インチレンズ(1.5インチ,2.5インチ,4.0インチ 使用可能)
ディスプレイ グラフィック LCD ディスプレイ
安全レベル JIS規格(JISC6802) クラス3a (レッドポインターに使用)
オプション・周辺機器
ハニカム テーブル 蜂の巣状に加工されたアルミのカット用テーブルです。
材料をカットした際に発生するレーザーの反射を軽減します。
アルミグリッド テーブル ハニカムテーブルよりも強度のあるカット用のテーブルです。
材料をカットした際に発生するレーザーの反射を軽減します。
針布 細かなカットを行った際に切り取った物がハニカムテーブルの隙間に落ちない様にするためのオプションです。主に細かな生地をカットするお客様でご使用頂いております。
ロータリー アタッチメント 円筒形の材料に彫刻をすることが出来る装置です。
主にボトル彫刻でご使用頂いております。
排気消臭装置 レーザー加工時に素材から発生する煙、ガスをフィルター、活性炭を通し消臭、排気します。
加工する材料、用途によって推奨機種が違いますので、ご相談下さい。
エアー コンプレッサー レーザーの発射ポイントに空気を送る周辺機器です。発火防止、レンズの汚れの軽減、焦げの軽減等の効果があります。コンプレッサーを使用しないと発火の可能性がありますので、必須オプションとなります。
コンプレッサー フィルター 使用環境、湿度等により圧縮した空気から水が発生する場合があり、発生した水を除去するためのオプションです。
スマートガード システム 火災防止のためにレーザーに内蔵されている装置で、加工機内で異常な光を感知した際に警報音と共にレーザーヘッド、加工テーブルが退避します。
※自動消化装置ではありません。
カッティング ボックス 通常、GCC LaserProシリーズのレーザー加工機では、レーザー加工時に発生するガスは機械背面から吸気しますが、カッティングボックスを使用することで、加工盤面の下より吸気し、加工する素材へのガスの付着(汚れの要因)の軽減、ガスの排気を効率よく行うことでの発火リスクの軽減、紙、布等の吸着固定が可能です。
CCDカメラ 加工する素材に印刷されたマーク(トンボ、またはレジストマーク)をCCDカメラで読み取り、自動で位置調整、拡大縮小、傾き補正を行い加工することが可能な機能です。
ものづくりのお役立ち情報を
いち早くお届けします
詳しく

ページトップへ