COMNET/コムネット ロゴ
業界別ソリューション
製品・サービス
活用事例
ものづくり応援
ブログ
サポート
会社情報
お問い合わせ

検索

レーザー加工機 SEI PAPER ONE
レーザー加工機 SEI PAPER ONE

導入を相談する

筋押し機能搭載
レーザーシートtoシート対応レーザー加工機

レーザー加工機 SEIシリーズ PAPER ONE

パッケージデータのインポートだけで誰でも簡単に筋押しプレートが製作できる独自システム

レーザー加工機SEIシリーズ関連のお役立ち情報・最新情報を公開中!

最新情報を見る

筋押し機能搭載シートtoシート対応レーザー加工機
PAPER ONEの特長

PAPER ONE 5000(左)/ PAPER ONE 3500(右)

PAPER ONE 5000 機器構成

PAPER ONE 5000の機器構成

PAPER ONE 3500 機器構成

凹凸プレートを実現する筋押しプレート製作システム

金属のマーキング
金属のマーキング

PaperOne 5000では、SEI社が独自開発したシステムで、誰でも安全に簡単に筋押しプレートが製作できます。 パッケージの展開図データをインポートするだけで、専用ソフトが適切な筋押しプレートの作成方法を導き出してくれます。 専門的な知識や技術を習得することなく、筋押しプレートを安定して製作することができます。

筋押しプレート製作の流れ

理想の筋押しを可能にする、凹凸プレート式

ケーキ箱・展開図

紙器パッケージでは、印刷面(仕上がり面)から筋を入れるのが一般的です。また、レーザー加工機で紙を加工する場合、裏面からレーザー照射した方が、レーザー加工後の印刷面(仕上がり面)のクオリティがより良好になります。PaperOne 5000では、レーザー加工後の品質を最大限に追求するため、裏面からのレーザー照射も可能にする「プレート式クリースユニット」を採用。他にも、ラベルなど印刷面からのレーザー照射が必要なメディアや、凹型と凸型が混在するパッケージの型も製作でき、あらゆるシーンに対応が可能です。

どちらの面にもレーザー照射ができるので、
あらゆる加工に対応が可能

金属のマーキング
金属のマーキング

筋押しプレートをシリンダーにセッティング

エリアをフルカバーできるガルバノヘッド搭載。
つなぎ目のないカットを実現

他社
PaperOne 5000

PaperOneに搭載しているレーザーヘッド「i-Scan(アイ-スキャン)」は、ガルバノ式レーザーで世界屈指の加工エリアと精度を誇ります。 1つのレーザーヘッドで、加工エリア全体をカバーするので、他のツインヘッド形式のレーザー加工機のように、カットにつなぎ目が生じることはありません。

豊富なレーザーカッティング

PAPER ONE 3500 機器構成

ひとつの線データで、様々なカットがレーザーで調整できます。

筋押し加工

コントロールソフトPaperCut 5000

PaperCut写真
ソフトスクショ

PaperOne 5000のコントロールソフト「PaperCut 5000」は、最適な加工条件を最短で導き出すためのセッテイング機能が揃っています。レーザー出力のパラメータを条件(素材)ごとに登録、ワンタッチで呼び出すことができ、初期セッティングの手間を削減。加工をしながら、Paper Oneを構成するすべてのモジュールの設定調整ができ、レーザーの出力から、紙の送り速度、加工位置までひとつのソフトで微調整することができます。

ものづくりのお役立ち情報を
いち早くお届けします
詳しく

ページトップへ