COMNET/コムネット ロゴ
業種別ソリューション
製品・サービス
活用事例
ものづくり応援
ブログ
サポート
会社情報
お問い合わせ

検索

ホームサポート製品・サービス別GCC SPIRIT GLS > オートフォーカスボタンを押すと、テーブルが下がり続ける

‹‹ 戻る

No : 005 公開日時 : 2018/09/05 , 更新日時 : 2019/07/03

カテゴリー : 起動時から加工開始までの不具合 , 製品・サービス別 , レーザーカッターの現象別 , GCC SPIRIT GLS , GCC SPIRIT , GCC MERCURYⅢ , GCC C180 , GCC VENUSⅡ

オートフォーカスボタンを押すと、テーブルが下がり続ける

ピンの先っぽが引っ込んでいる状態だと、誤認しているので下がり続けることがあります。

ピンの先端が引っ込んだ状態になっていないか確認してください。
ピンの先端に材料が当たっていると、誤認したまま下がり続けてしまいます。
※汚れでピンがスムーズに動いていない場合があります。アルコール等で拭き取り清掃してください。

上記に異常が無い場合、ケーブル断線の可能性があるため修理が必要です。
ピンの詰まりが酷い場合はピンの交換が必要です。

レーザーカッターのオートフォーカスボタンが聞かない場合、ピンの先っぽが引っ込んでいる状態だと、誤認しているので下がり続けることがあります。

関連するよくあるご質問

製品ご購入後専用お問合せ窓口

製品ご購入後専用お問合せ窓口

ご購入いただいた製品についてご質問などは、こちらのWEBフォームからお問合せください。担当者より折返しご回答いたします。

ソフトウェアユーザー登録がまだの方

ソフトウェアユーザー登録がまだの方

プラグインやCADなどのソフトウェア製品の購入後の製品に関するサポートについては事前にユーザー登録が必要です。

レーザーカッター選びで失敗しないコツ

ものづくりのお役立ち情報を
いち早くお届けします
詳しく

ページトップへ