COMNET/コムネット ロゴ
業種別ソリューション
製品・サービス
活用事例
ものづくり応援
ブログ
サポート
会社情報
お問い合わせ

検索

ホームサポート製品・サービス別GCC C180 > C180Ⅱのカッティングテーブルを取り外したい。

‹‹ 戻る

No : 086 公開日時 : 2020/11/30 , 更新日時 : 2020/12/03

カテゴリー : 製品・サービス別 , レーザーカッターの現象別 , GCC C180 , 日常メンテナンス

C180Ⅱのカッティングテーブルを取り外したい。

両サイドの外側にある六角ネジを四箇所外すとテーブルだけを取り外せます。

カッティングボックス内の切りカスやゴミの清掃、ロータリーアタッチメントを設置する際に取り外す必要がございます。

※作業する前の確認事項

作業に取り掛かる前に、テーブルが一番下まで下がっていることを確認して下さい。
写真のようにテーブルが上がった状態ですと、カッティングテーブルを取り外す際にヘッドに衝突し、故障してしまうおそれがございます。
このような場合、一旦電源を入れ、DOWNキーでテーブルを下げて頂き、電源を切った上で作業を行ってください。

※作業する前の確認事項|C180Ⅱのカッティングテーブルの外し方

※使用する工具

六角レンチ(3mm)を使用します。

使用する工具|C180Ⅱのカッティングテーブルの外し方

取り外し手順1

両サイドの外側にある六角ネジを四箇所取り外します。
※写真赤丸部
※内側の六角ネジは外さないでください。

両サイドの外側にある六角ネジを四箇所取り外します。|C180Ⅱのカッティングテーブルの外し方

取り外し手順2

カッティングテーブル手前と奥の両方を持ち、手前を持ち上げて傾けたまま手前に引いて取り出してください。

カッティングテーブル手前と奥の両方を持ち、手前を持ち上げて傾けたまま手前に引いて取り出してください。|C180Ⅱのカッティングテーブルの外し方

取り外し手順3

カッティングテーブルを取り外した後、ボックス内に残っている切りカスやゴミを掃除機などで取り除いて下さい。

カッティングテーブルを取り外した後、ボックス内に残っている切りカスやゴミを掃除機などで取り除いて下さい。|C180Ⅱのカッティングテーブルの外し方

取り外し手順4

清掃終了後は、取り外し時の注意点と同様にヘッドに衝突しない様に注意しながらカッティングテーブルを戻してください。
動かないことを確認してから外側の六角ネジを四箇所締めます。

カッティングテーブルを戻して固定します。|C180Ⅱのカッティングテーブルの外し方

以上、C180Ⅱのカッティングテーブルを取り外す方法でした。
改善されない場合やご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

操作方法のお問い合わせはこちら

関連するよくあるご質問

製品ご購入後専用お問合せ窓口

製品ご購入後専用お問合せ窓口

ご購入いただいた製品についてご質問などは、こちらのWEBフォームからお問合せください。担当者より折返しご回答いたします。

ソフトウェアユーザー登録がまだの方

ソフトウェアユーザー登録がまだの方

プラグインやCADなどのソフトウェア製品の購入後の製品に関するサポートについては事前にユーザー登録が必要です。

レーザーカッター選びで失敗しないコツ

生産性向上・コスト削減・売上拡大を実現します。まずはお問い合わせを。
無料問合

ページトップへ