COMNET/コムネット ロゴ
業種別ソリューション
製品・サービス
活用事例
ものづくり応援
ブログ
サポート
会社情報
お問い合わせ

検索

ホームサポート製品・サービス別GCC SPIRIT GLS > レーザーカッターの原点を調整する方法を教えてください。

‹‹ 戻る

No : 063 公開日時 : 2019/07/05

カテゴリー : 製品・サービス別 , GCC SPIRIT GLS , レーザーカッター操作マニュアル , 加工方法・チュートリアル , トラブルシューティング , GCC SPIRIT , GCC MERCURYⅢ , GCC C180 , GCC VENUSⅡ

レーザーカッターの原点を調整する方法を教えてください。

原点調整用モードで、原点調整を行います。

レーザーカッターが正常な位置から何ミリの誤差が出ているか確認後、原点調整用モードに入り調整を行います。

<対象機種>
SPIRIT GLSSPIRITMercuryⅢC180Ⅱ「VenusⅡ」
※コントロールパネルが写真と同型の場合も同じ手順で調整できます。

GCC社製レーザーカッター(レーザ加工機)の原点調整ができないとき、同様のコントロールパネルで調整できる方法をご紹介します。

STEP1 Corel DRAWまたはIllustratorでデータを作成します。

出力ソフトを起動し10×10mmの四角形を作成します。

GCC社製レーザーカッター(レーザ加工機)の原点調整方法:Corel DRAWまたはIllustratorでレーザーカッター(レーザ加工機)の原点調整をするためのデータを作成します。

STEP2 オブジェクトの原点位置を変更

オブジェクトの原点位置を真ん中から左上側に変更。

GCC社製レーザーカッター(レーザ加工機)の原点調整方法:Corel DRAWまたはIllustratorのオブジェクトの原点位置を変更します。

STEP3 オブジェクトの位置設定を変更します。

オブジェクトの位置設定を変更します。
X:10.0mm、Y:-10.0mmを設定してください。

GCC社製レーザーカッター(レーザ加工機)の原点調整方法:X点、Y点に当たる部分のオブジェクトの位置設定します。

STEP4 原点からオブジェクトの間を10mmにします。

GCC社製レーザーカッター(レーザ加工機)の原点調整方法:原点からオブジェクトの間を10mmにします。

STEP5 アクリルをセットします。

アクリルをセットし、オートフォーカスを行って下さい。

GCC社製レーザーカッター(レーザ加工機)の原点調整方法:試験用のアクリル板を用意します。

STEP6 加工を行います。

一度、四角形を罫書き(けがき)ぐらいのパラメーターに設定を行い加工します。

GCC社製レーザーカッター(レーザ加工機)の原点調整方法:四角形を罫書き(けがき)ぐらいのパラメーターに設定を行い加工します。

STEP7 X方向の加工位置を確認。

定規を使い、加工位置を確認。
この場合、Xは11mmなので1mm右に寄っています。

GCC社製レーザーカッター(レーザ加工機)の原点調整方法:定規を使いX点側の加工位置を確認します。

STEP8 Y方向の位置を確認。

Y方向を確認します。
この場合、Yは9mmなので1mm上に上がっていいます

GCC社製レーザーカッター(レーザ加工機)の原点調整方法:定規を使いY点側の加工位置を確認します。

STEP9 原点調整モードの切り替え方

原点がズレている場合は、特殊モードに切り替えをして調整します。
原点調整モードは、Enterボタンを押しながら電源を入れます。
※レーザーカッターの機種により、原点調整モードへの切り替え方法が異なります。コントロールパネルが写真と異なるお客様は、カスタマーサポートセンターまでお問い合わせください。

GCC社製レーザーカッター(レーザ加工機)の原点調整方法:コントロールパネルを操作し、原点調整モードの入ります。

STEP10 原点モードの画面が表示されます。

原点調整モードにはいるまでは、Enterボタンは押し続けたままでいてください。
原点調整モードが表示されたら、Enterボタンを押してください。

GCC社製レーザーカッター(レーザ加工機)の原点調整方法:コントロールパネルに原点モードが表示されます。

STEP11 原点を調整します。

原点モードに入るとXの数値とYの数値をメモなどに記入してください。

X側の調整は左右のボタンを押し、左なら数字が- 右なら数字は+、
Y側の調整は、上下のボタンを押し、上なら- 下なら+で調整します。

GCC社製レーザーカッター(レーザ加工機)の原点調整方法:コントロールパネルの原点モードに表示されている、XとYの数値をメモしてください。

STEP12 正しい原点の数字に修正。

先ほど試験加工をしたときに、X側は11mmで1mmズレていました。
STEP11の原点モードで確認した数値は0.05でした。X側の数値を正しくするために1mm戻したい場合は、

0.05-1mm=0.95という計算をしてください。

Y側は9mmで1mmズレていました。
原点モードで確認した数値0.05と、Y側の数値を正しくするために1mm増やしたい場合は、

0.05+1mm=1.05という計算をしてください。

こちらの様な計算をし、数値を変更します。

GCC社製レーザーカッター(レーザ加工機)の原点調整方法:X点、Y点の数値を確認し誤差を入力してください。

STEP13 Saveします。

数値を変更後、F4ボタン(Save)を行います。

GCC社製レーザーカッター(レーザ加工機)の原点調整方法:原点モードの調整が終われば、F4ボタン(Save)を行います。

STEP14 Restastを行います。

Save後、画面が切り替わります。
切り替わり後、Start/Stopを押すと再起動します。

GCC社製レーザーカッター(レーザ加工機)の原点調整方法:コントロールパネルのStart/Stopを押すと再起動します。

STEP15 再度、加工を行います。

GCC社製レーザーカッター(レーザ加工機)の原点調整方法:四角形を罫書き(けがき)ぐらいのパラメーターに設定を行い加工します。

STEP16 定規でX方向を確認。

GCC社製レーザーカッター(レーザ加工機)の原点調整方法:定規でX方向を確認します。

STEP17 定規でY方向を確認。

X側、Y側の両方が10mmになれば原点調整完了です。

GCC社製レーザーカッター(レーザ加工機)の原点調整方法:定規でY方向を確認し、合致していれば完了です。

製品ご購入後のお問い合わせはこちら

関連するよくあるご質問

製品ご購入後専用お問合せ窓口

製品ご購入後専用お問合せ窓口

ご購入いただいた製品についてご質問などは、こちらのWEBフォームからお問合せください。担当者より折返しご回答いたします。

ソフトウェアユーザー登録がまだの方

ソフトウェアユーザー登録がまだの方

プラグインやCADなどのソフトウェア製品の購入後の製品に関するサポートについては事前にユーザー登録が必要です。

レーザーカッター選びで失敗しないコツ

ものづくりのお役立ち情報を
いち早くお届けします
詳しく

ページトップへ