COMNET/コムネット ロゴ
業種別ソリューション
製品・サービス
活用事例
ものづくり応援
ブログ
サポート
会社情報
お問い合わせ

検索

ホームサポート製品・サービス別GCC SPIRIT GLS > プリンタードライバーの選択が「デバイス非依存型」と表示され、使用するレーザー加工機のドライバーが表示されません。

‹‹ 戻る

No : 66 公開日時 : 2019/08/23 , 更新日時 : 2019/08/23

カテゴリー : 起動時から加工開始までの不具合 , 製品・サービス別 , レーザーカッターの現象別 , GCC SPIRIT GLS , 加工方法・チュートリアル , トラブルシューティング , GCC SPIRIT , ソフト・PC設定 , GCC MERCURYⅢ , GCC C180 , GCC VENUSⅡ

プリンタードライバーの選択が「デバイス非依存型」と表示され、使用するレーザー加工機のドライバーが表示されません。

パソコンの「Print Spooler(プリント スプーラー)」の設定が「停止」になっている可能性がございます。

「Print Spooler(プリント スプーラー)」が停止の状態ですと、プリンタードライバーの選択が「デバイス非依存型」となってしまい、適切なプリンタが表示されません。
下記の手順でご確認をお願いいたします。

パソコンにレーザー加工機(レーザーカッター)のドライバーが非表示され、デバイスの依存型と表示された場合は「Print Spooler(プリントスプーラー)」の設定を修正しましょう。

STEP1 コンピューターの管理ページを開きます。

Windows10の場合
検索項目でコントロールパネルを検索するか、
【スタート】→【Windows 管理ツール】を開き、【コンピューターの管理】をクリックします。

Windows7の場合
【スタート】→【コンピューター】を右クリック→【コンピューターの管理】を開きます。

「Print Spooler(プリントスプーラー)」の設定を修正するには、スタートボタンからコントロールパネルを表示させます。

STEP2 コンピューターの管理が開きます。

【コンピューターの管理】画面が開きます。

パソコンのコントロールパネルをクリックすると、コンピューターの管理画面が表示されます。

STEP3 サービスとアプリケーションを開きます。

画面中央の項目より「サービスとアプリケーション」をダブルクリックします。

「Print Spooler(プリントスプーラー)」の設定を変更するときは、コントロールパネルから「サービス・アプリケーション」を選択する。

STEP4 サービスを開きます。

「サービス」の項目をダブルクリックします。

「サービス・アプリケーション」の中から「サービス」の項目を選択します。

STEP5 「Print Spooler(プリント スプーラー)」を確認します。

「サービス」一覧が表示されます。 アルファベット順に並んでいますので、リストより「Print Spooler(プリント スプーラー)」を探してください。

コントロールパネル内にある、「サービス」の項目はアルファベット順に並んでおり、リストから「Print Spooler(プリントスプーラー)」を探してください。

STEP6 「Print Spooler(プリント スプーラー)」を「再起動」してください。

「Print Spooler(プリント スプーラー)」を選択し、マウスの右ボタンをクリックします。
「Print Spooler(プリント スプーラー)」が「停止」になっている場合は、「再起動」を選択して下さい。

「Print Spooler(プリントスプーラー)」を再起動すると、「デバイス非依存型」が消え、出力するレーザー加工機のドライバーが選択できるようになります。

ご紹介した手順で解決しない場合は、カスタマーサポートまでご相談ください。

製品ご購入後のお問い合わせはこちら

関連するよくあるご質問

製品ご購入後専用お問合せ窓口

製品ご購入後専用お問合せ窓口

ご購入いただいた製品についてご質問などは、こちらのWEBフォームからお問合せください。担当者より折返しご回答いたします。

ソフトウェアユーザー登録がまだの方

ソフトウェアユーザー登録がまだの方

プラグインやCADなどのソフトウェア製品の購入後の製品に関するサポートについては事前にユーザー登録が必要です。

レーザーカッター選びで失敗しないコツ

生産性向上・コスト削減・売上拡大を実現します。まずはお問い合わせを。
無料問合

ページトップへ