COMNET/コムネット ロゴ
業種別ソリューション
製品・サービス
活用事例
ものづくり応援
ブログ
サポート
会社情報
お問い合わせ

検索

ホームサポート製品・サービス別GCC SPIRIT GLS > レーザーカッターのUSBケーブルの差し込み口を変えた途端、機械にデータ転送ができなくなった。

‹‹ 戻る

No : 67 公開日時 : 2019/08/30 , 更新日時 : 2019/08/30

カテゴリー : 製品・サービス別 , レーザーカッターの現象別 , GCC SPIRIT GLS , GCC SPIRIT , ソフト・PC設定 , GCC MERCURYⅢ , GCC C180 , GCC VENUSⅡ

レーザーカッターのUSBケーブルの差し込み口を変えた途端、機械にデータ転送ができなくなった。

USBケーブルの差し込み口を、変更前の差し込み口に戻しましょう。または、ポート内のUSB設定を確認し、正しいUSBポートに設定しましょう。

まずは、PC側のUSB差込口をご確認ください。レーザーカッターの設定時に、USB差し込み口を変更されていませんでしょうか?
差し込み口を変更された場合は、元の差し込み口に戻しましょう。

もし元の差し込み口が分からない場合は、下記の手順でポート内のUSB設定を確認し、正しい設定に変更をお願いいたします。
なお、USB3.0専用ポートの場合、正しく認識されない可能性がございます。
必ずUSB2.0専用または互換のポートをご利用ください。

レーザーカッターのUSBケーブルの差し込み口を変更してから、データ転送ができなくなった時の対処法

STEP1 パソコンでコントロールパネルを開きます。

Windows10の場合
検索項目でコントロールパネルを検索するか、
【スタート】→【システムツール】を開き、【コントロールパネル】をクリックします。

Windows7の場合
【スタート】→【コントロールパネル】をクリックしてください。

レーザーカッターのUSBケーブルの差し込み口を変更してから、データ転送ができなくなった時の対処法:コントロールパネルをひらきます。

STEP2 デバイス・プリンターを開きます。

コントロールパネル画面が表示されるので、「デバイスとプリンター」を開きます。

レーザーカッターのUSBケーブルの差し込み口を変更してから、データ転送ができなくなった時の対処法:デバイスとプリンターをひらきます。

STEP3 ご使用されているレーザーカッターのドライバーを確認して下さい。

使用されているレーザーカッターのドライバーをクリックし、選択した状態にします。

レーザーカッターのUSBケーブルの差し込み口を変更してから、データ転送ができなくなった時の対処法:使用する出力機(レーザー加工機)のドライバーをクリックします。

STEP4 プリンターのプロパティを開きます。

ドライバーを選択した状態で右クリックを押し、「プリンターのプロパティ」を選択します。

レーザーカッターのUSBケーブルの差し込み口を変更してから、データ転送ができなくなった時の対処法:使用する出力機(レーザー加工機)のドライバーのプロパティを表示させます。

STEP5 「ポート」を選択します。

プリンターのプロパティが開きますので、項目にある「ポート」を選択します。

レーザーカッターのUSBケーブルの差し込み口を変更してから、データ転送ができなくなった時の対処法:レーザー加工機のポート設定を表示させます。

STEP6 使用するドライバーのポートをご確認ください。

ポート内には、レーザーカッターへデータ転送をするUSBにチェックがはいるようになっています。
画像では「USB001」が選択されており、こちらはレーザーカッターの設定時に接続したポートにチェックがはいっています。

レーザーカッターのUSBケーブルの差し込み口を変更してから、データ転送ができなくなった時の対処法:現在レーザー加工機につながっているUSBポートにチェックがはいっています。

ポートが追加される理由
USBの差し込み口を変更するとUSBの接続情報が変わり、USB002USB003などの番号が変わったポートが追加されることがあります。

レーザーカッターのUSBケーブルの差し込み口を変更してから、データ転送ができなくなった時の対処法:USBポートの差し込み口を変えると、番号が違う設定が作られます。

STEP7 USBポートを変更します。

変更するUSBポートにチェックを入れて、「適用」を押します。
複数ある場合は、現在の接続口がどの番号か分からなくなっております。
順番にUSBポートを変更しながら、出力ができるかをお試しいただきご確認ください。

レーザーカッターのUSBケーブルの差し込み口を変更してから、データ転送ができなくなった時の対処法:正しいUSBポートの設定にチェックをつけて適用を押してください。

STEP8 変更完了です。

出力が可能になれば、USBポートの変更が完了です。
「OK」ボタンを押してプリンタープロパティを閉じます。

レーザーカッターのUSBケーブルの差し込み口を変更してから、データ転送ができなくなった時の対処法:正しいUSBポートに設定されたら、OKをクリックして設定を終了させます。

製品ご購入後のお問い合わせはこちら

関連するよくあるご質問

製品ご購入後専用お問合せ窓口

製品ご購入後専用お問合せ窓口

ご購入いただいた製品についてご質問などは、こちらのWEBフォームからお問合せください。担当者より折返しご回答いたします。

ソフトウェアユーザー登録がまだの方

ソフトウェアユーザー登録がまだの方

プラグインやCADなどのソフトウェア製品の購入後の製品に関するサポートについては事前にユーザー登録が必要です。

レーザーカッター選びで失敗しないコツ

生産性向上・コスト削減・売上拡大を実現します。まずはお問い合わせを。
無料問合

ページトップへ