COMNET/コムネット ロゴ
業種別ソリューション
製品・サービス
活用事例
ものづくり応援
ブログ
サポート
会社情報
お問い合わせ

検索

ホームサポート製品・サービス別GCC S400 > カット加工をするとレーザーが太くなってしまい、うまく加工ができません。

‹‹ 戻る

No : 71 公開日時 : 2019/09/27 , 更新日時 : 2019/09/27

カテゴリー : 製品・サービス別 , GCC S400 , レーザーカッターの現象別 , カットの不具合 , GCC SPIRIT GLS , 加工方法・チュートリアル , トラブルシューティング , GCC SPIRIT , GCC MERCURYⅢ , GCC C180 , GCC VENUSⅡ , GCC X380 , GCC X252

カット加工をするとレーザーが太くなってしまい、うまく加工ができません。

レンズ・ミラーが汚れている、正しく装着されていない。またはレーザーの焦点距離があっていない可能性があります。

レーザー加工機から出力されるレーザーが太くなってしまった場合、次の点が原因として考えられます。

  1. レンズ・ミラーを取り外した際に、正しく装着されておらず、焦点(光軸)がズレてしまった。
  2. 焦点距離(オートフォーカスピンの高さ)が正常ではない。マニュアルピンで高さを比較すると違いがある。
    こちらの高さ(焦点)の影響で、レーザーが太くなった場合は以下の手順で確認・調整を行って下さい。
    ※ハニカムなどの消耗(凹みや破損)影響で焦点距離が変わる場合もございます。

ご不明な点がございましたら、お手数をおかけいたしますが、サポートセンターまでご連絡をお願いいたします。

STEP1 高さ(焦点)の確認方法:オートフォーカスを行います。

オートフォーカスピンをレーザーヘッドにセットして、オートフォーカスを行います。

レーザー加工機(レーザーカッター)から出力されるレーザーが太くなる現象:オートフォーカスをする。

STEP2 高さ(焦点)の確認方法:マニュアルピンをセットします。

オートフォーカスピンを外してマニュアルピンをセットします。

レーザー加工機(レーザーカッター)から出力されるレーザーが太くなる現象:マニュアルピンをセットします。

STEP3 高さ(焦点)の設定方法:高さの確認を行います。

材料に対してマニュアルピンの間が、用紙1枚分(プリント用紙)が入る高さが、正常な高さになります。
マニュアルピンが、材料と離れている・接触して浮いている場合は、高さが正常ではないので、レーザーが太くなる原因となります。

レーザー加工機(レーザーカッター)から出力されるレーザーが太くなる現象:材料とマニュアルピンの間の高さを紙1枚分にする。

STEP4 高さ(焦点)の設定方法:F4(Function)を押します。

操作パネルの「F4(Function)」を押します。

レーザー加工機(レーザーカッター)から出力されるレーザーが太くなる現象:レーザー加工機の操作パネルにあるF4(Function)を押します。

STEP5 高さ(焦点)の設定方法:Machine settingsを選択します。

  1. △▽(上下)ボタンを押して【Machine settings】にカーソルを合わせます。
  2. 【Enter】ボタンを押します。

レーザー加工機(レーザーカッター)から出力されるレーザーが太くなる現象:「Machine settings」モードにする。

STEP6 高さ(焦点)の設定方法:Tune auto-focusを選択します。

  1. △▽(上下)ボタンを押して【Tune auto-focus】にカーソルを合わせます。
  2. 【Enter】ボタンを押します。

レーザー加工機(レーザーカッター)から出力されるレーザーが太くなる現象:「Tune auto-focus」を選択する。

STEP7 高さ(焦点)の設定方法:高さの調整を行います。

  1. ▲▼(UP/DOWN)ボタンで作業テーブルを上下に動かし高さを調整します。
  2. ▲▼(UP/DOWN)ボタンを少し押したりすることで微調整してください。

レーザー加工機(レーザーカッター)から出力されるレーザーが太くなる現象:作業テーブの高さを調整する。

STEP8 高さ(焦点)の設定方法:マニュアルピンを外します。

高さの調整完了後、マニュアルピンを外します。

レーザー加工機(レーザーカッター)から出力されるレーザーが太くなる現象:マニュアルピンを外す。

STEP9 高さ(焦点)の設定方法:SAVE(F4)を押します。

オートフォーカスピンを、レーザーヘッドにセットします。
高さの設定を機械側に保存する為「F4(SAVE)」を押します。
「SAVE」を実行すると自動的にオートフォーカスを行います。

レーザー加工機(レーザーカッター)から出力されるレーザーが太くなる現象:オートフォーカスピンをセットし、高さの設定をレーザーカッター本体に保存します。

STEP10 高さ(焦点)の設定方法:マニュアルピンで確認をお願いします。

オートフォーカスピンを外します。
マニュアルピンをセットし、調整した高さになっていれば完了です。

レーザー加工機(レーザーカッター)から出力されるレーザーが太くなる現象:マニュアルピン絵\をセットし、調整した高さになっていれば完了です。

STEP11 高さ(焦点)の設定方法: 画面を元に戻します。

画面を「F1【Back】」ボタンで、元の画面に戻して完了です。

レーザー加工機(レーザーカッター)から出力されるレーザーが太くなる現象:レーザーカッターの操作パネルを「F1ボタン(Back)」押すと、画面が戻ります。

ご紹介した手順で解決しない場合は、カスタマーサポートまでご相談ください。

製品ご購入後のお問い合わせはこちら

関連するよくあるご質問

製品ご購入後専用お問合せ窓口

製品ご購入後専用お問合せ窓口

ご購入いただいた製品についてご質問などは、こちらのWEBフォームからお問合せください。担当者より折返しご回答いたします。

ソフトウェアユーザー登録がまだの方

ソフトウェアユーザー登録がまだの方

プラグインやCADなどのソフトウェア製品の購入後の製品に関するサポートについては事前にユーザー登録が必要です。

レーザーカッター選びで失敗しないコツ

ものづくりのお役立ち情報を
いち早くお届けします
詳しく

ページトップへ