注目ソリューション シール・ラベル
注目ソリューション
シール・ラベル

シール・ラベルの後加工のデジタル化、生産性アップ、コスト削減に課題を感じていませんか?

詳しくはこちら

ホームサポート加工方法・チュートリアルCorelDrawの操作方法 > インポートしたデータ内のフォントがシステム上になく、代用フォントに置換される

‹‹ 戻る

No : 075 公開日時 : 2019/10/25

カテゴリー : CorelDrawの操作方法 , 加工方法・チュートリアル

インポートしたデータ内のフォントがシステム上になく、代用フォントに置換される

書き出し元のソフトウェアで文字を図形化(アウトライン化)することで形状を維持する事ができます。

CorelDRAWとIllustratorの文字をアウトライン化する方法をご説明いたします。
※アウトライン後はテキスト編集ができなくなります。

CorelDRAWでテキストデータをアウトライン化する場合

フォントデータをアウトライン化して、図形データにする(CrelDRAWEの場合)

CorelDRAWで代用フォントに置換した場合

CorelDRAWにデータをインポートする際、システム上に該当するフォントデータがない場合、「見つからない代用フォント」という、代用のフォントに置換してインポートするか確認のメッセージが表示されます。
このままインポートすると、システム上にある代用フォントに置き換わります。
システム上にあるフォントから置換するため、見た目がまったく異なるフォントに置換されてしまう場合があります。

フォントデータをアウトライン化して、図形データにする(CrelDRAWEの場合):代用フォントへの置換を行うメッセージを確認する

STEP1 データを作成したパソコンからCorelDRAWで、テキストデータを「曲線に変換」する。

テキストに使用したフォントデータがあるパソコンを使用してください。
テキストを選択し右クリックをすると、メニュー内に「曲線に変換」という項目があるのでクリックしてください。

フォントデータをアウトライン化して、図形データにする(CrelDRAWEの場合):STEP1テキストを曲線に変換する

STEP2 テキストデータからオブジェクトデータに変更されます。

「曲線に変換」後、見た目は変わっていませんがフォントの情報が無くなっている状態(アウトライン化した状態)になりました。

こちらは一度実行すると、これ以降はテキストの編集をすることはできません。
「曲線に変換」を実行後、データを保存してください。

フォントデータをアウトライン化して、図形データにする(CrelDRAWEの場合):STEP2フォントがオブジェクト化する

STEP3 パソコンにデータをインポートします。

先ほどシステム上にフォントがないパソコンでインポートをすると、「代用フォントへの置換」のメッセージが表示されずに正常にデータがインポートされます。
※作成状況によっては、代用フォントの選択画面が表示されることもありますが、そのままインポートを実行しますとアウトライン化された状態のものがインポートされます。

フォントデータをアウトライン化して、図形データにする(CrelDRAWEの場合):STEP3別のパソコンに作成したデータをインポートして、アウトライン化したデータが変換されないか確認する

Illustratorでテキストデータをアウトライン化する場合

フォントデータをアウトライン化して、図形データにする(Adobe Illustratorの場合)

Illustratorで代用フォントに置換した場合

データ内のテキストに使用したフォントデータがないパソコンのIllustratorでデータをインポートした場合、「フォントの問題」というメッセージが表示されます。
そのまま開く(インポート)を実行しますと、自動的にフォントが置き換わります。

フォントデータをアウトライン化して、図形データにする(Adobe Illustratorの場合):代用フォントへの置換を行うメッセージを確認する

STEP1 データを作成したパソコンからIllustratorで「アウトライン作成」行います。

作成したテキストデータのフォントが入っているパソコンのIllustratorで、作成したデータを開きます。 文字を選択し、右クリックするとメニュー内に「アウトラインを作成」という項目があるのでクリックしてください。

フォントデータをアウトライン化して、図形データにする(Adobe Illustratorの場合):STEP1テキストをアウトライン化する

STEP2 テキストデータからアウトライン化に変更されます。

アウトラインした後の見た目に変化はありませんが、フォントの情報が無くなっている状態(アウトライン化した状態)になりました。
こちらは一度実行すると、これ以降はテキストの編集をすることはできません。
「アウトラインを作成」を実行後、データを保存してください。

フォントデータをアウトライン化して、図形データにする(Adobe Illustratorの場合):STEP2アウトライン化したことを確認する

STEP3 使用中のパソコンにデータをインポートします。

先ほどシステム上にフォントがないパソコンでインポートをすると、「代用フォントへの置換」のメッセージが表示されずに正常にデータがインポートされます。
※作成状況によっては、フォントの問題についてのメッセージが表示されることもありますが、そのままインポートを実行しますとアウトライン化された状態のものがインポートされます。

フォントデータをアウトライン化して、図形データにする(Adobe Illustratorの場合):STEP3別のパソコンに作成したデータをインポートして、アウトライン化したデータが変換されないか確認する

ご紹介した手順で解決しない場合は、カスタマーサポートまでご相談ください。

製品ご購入後のお問い合わせはこちら

関連するよくあるご質問

製品ご購入後専用お問合せ窓口

製品ご購入後専用お問合せ窓口

ご購入いただいた製品についてご質問などは、こちらのWEBフォームからお問合せください。担当者より折返しご回答いたします。

ソフトウェアユーザー登録がまだの方

ソフトウェアユーザー登録がまだの方

プラグインやCADなどのソフトウェア製品の購入後の製品に関するサポートについては事前にユーザー登録が必要です。

カテゴリーから探す

製品・サービス別 (83)

レーザーカッターの現象別 (53)

加工方法・チュートリアル (12)

SignJOBZ(サインジョブズ) (14)

保守契約書類・注文書ダウンロード (3)

代理店・販売店様ガイドライン (0)

CNマート (5)

Maker's (4)

レーザーカッター選びで失敗しないコツ

まずは無料で相談してみませんか?

製品のご導入をお考えの方に
専門のスタッフが
全力でサポートいたします。

お電話でのお問い合わせ

078-304-7760

(平日9:00〜18:00)

生産性向上・コスト削減・売上拡大を実現します。まずはお問い合わせを。
無料問合

ページトップへ