COMNET/コムネット ロゴ
業種別ソリューション
製品・サービス
活用事例
ものづくり応援
ブログ
サポート
会社情報
お問い合わせ

検索

ホームサポート加工方法・チュートリアルCorelDrawの操作方法 > CorelDRAW(コーレルドロー)で、写真または画像を好きな形に切り抜きたい

‹‹ 戻る

No : 74 公開日時 : 2019/10/18 , 更新日時 : 2019/10/18

カテゴリー : CorelDrawの操作方法 , 加工方法・チュートリアル

CorelDRAW(コーレルドロー)で、写真または画像を好きな形に切り抜きたい

CorelDRAWに付属する「Corel PHOTO-PAINT」を使用することで画像を切り抜くことができます。

写真・画像データから一部のデータを切り抜きたい場合、CorelDRAWに付属している「Corel PHOTO-PAINT」を使用することで画像の切り抜き加工ができます。
下記の手順で操作を行ってみましょう。(※文中ではCorelDRAW X7(17)を使用)

画像の切り抜きは、CorelDRAWに付属する「Corel PHOTO-PAINT」を使用することで加工が可能です。

ご不明な点がございましたら、お手数をおかけいたしますが、サポートセンターまでご連絡をお願いいたします。

STEP1 「Corel PHOTO-PAINT」を起動します。

スタートメニューから「Corel PHOTO-PAINT X7」を起動します。

「Corel PHOTO-PAINT」を使用した画像の切り抜き方法1:パソコンのスタートメニューから、「Corel PHOTO-PAINT X7」を起動します。

STEP2 画像データを開きます。

「ファイル」→「開く」で画像データを開きます。

「Corel PHOTO-PAINT」を使用した画像の切り抜き方法2:起動した「Corel PHOTO-PAINT X7」から画像データを開きます。

STEP3 「カットアウトラボ」を起動します。

ツールバーの「イメージ」→「カットアウトラボ」をクリックします。(別ウィンドウで開きます。)

「Corel PHOTO-PAINT」を使用した画像の切り抜き方法3:ツールバーから、「カットアウトラボ」を選択します。

STEP4 切り抜く輪郭部分をペンツールで指定します。

右メニューの「ペンツール」を選択し、切り抜く対象物の輪郭に沿ってペンでなぞります。
細かい部分は、背景との色の差を自動認識で切り抜かれるので、大まかに選択しても問題ありません。

「Corel PHOTO-PAINT」を使用した画像の切り抜き方法4:画像の切り抜く対象物を「ペンツール」で輪郭に沿ってなぞります。

STEP5 切り抜く範囲を、塗りつぶしツールで指定します。

右メニューの「塗りつぶしツール」を選択します。
切り抜く範囲内をクリックすると、選択された輪郭範囲が自動で塗りつぶされます。
選択範囲に問題がなければ、「OK」ボタンを押します。

「Corel PHOTO-PAINT」を使用した画像の切り抜き方法5:「ペンツール」で選択された切り抜く範囲には、色が自動的に塗りつぶされます。

STEP6 画像切り抜き完了。

画像の切り抜きが実行されると作業完了です。
データを保存します。

「Corel PHOTO-PAINT」を使用した画像の切り抜き方法6:画像が切り抜きされれば、作業完了です。

その他Windows10標準搭載ソフト「ペイント3D」でも切り抜き可能です!

CorelDRAW、PhotoShopをお持ちでないお客様はぜひWindows10に標準搭載されているグラフィックソフト「ペイント3D」をご利用ください!
こちらも簡単操作で、切り抜く範囲を指定することができます。ぜひ併せてご覧ください。

ご紹介した手順で解決しない場合は、カスタマーサポートまでご相談ください。

製品ご購入後のお問い合わせはこちら

関連するよくあるご質問

製品ご購入後専用お問合せ窓口

製品ご購入後専用お問合せ窓口

ご購入いただいた製品についてご質問などは、こちらのWEBフォームからお問合せください。担当者より折返しご回答いたします。

ソフトウェアユーザー登録がまだの方

ソフトウェアユーザー登録がまだの方

プラグインやCADなどのソフトウェア製品の購入後の製品に関するサポートについては事前にユーザー登録が必要です。

レーザーカッター選びで失敗しないコツ

ものづくりのお役立ち情報を
いち早くお届けします
詳しく

ページトップへ