• 2018.06.08
  • メンテナンス・サポート
  • カスタマーサポート   サポート   メンテナンス   レーザーカッター   レーザー加工機   出張修理   選ばれる理由

コムネットのメンテナンスサポートの強み その4:とにかく修理までの対応が早い!他社との対応内容を比べてみました。

レーザー加工機・レーザーカッターは生産機械としてご活用いただいてるので、修理サポートは迅速に対応できるように努めております。そのためメンテナンススタッフが訪問対応方式をとり、南は沖縄、北は北海道と全国へ出張修理に向かいます。

メンテナンスグループの田村です。

コムネットが取り扱っているレーザー加工機・レーザーカッターは、生産機械であるため、お客様はなるべく機械をストップしたくないものです。

コムネットのメンテナンスサポートは、お客様のお仕事がストップする時間が少しでも短くなるように、お客様からお電話を受けてからの対応をできる限り迅速にできるように努めています。

では、コムネットが他社様と比べてどのように早いのか。同業種の他社様が実施されている修理対応と比べてみましょう。

 

他社様が実施されている主な修理対応方式

1.センドバック方式(機械を販売元・メーカーへ発送)

携帯電話やパソコンの修理によく採用されている方式で、いわゆる「引き取り方式」と呼ばれているものです。

お客様が故障した製品を販売元へ発送し、販売元は工場などで修理・交換を行い、お客様のもとへ送り返す方式です。

この方式ですと、製品の修理にかかる日数に合わせて、発送に日数がかかり、製品が戻ってくるまでに時間がかかります。

また、修理期間中は製品がお客様の元にないため、お仕事がストップしてしまいます。修理期間中に代替機を貸し出すサービスをされている所もありますが、あくまで代替機であるため、操作方法が少し違っていたり、加工品質が大きく変わってしまうことがあります。

 

2.部品発送方式

お客様の機械の不具合の状況に合わせて、販売元から部品・パーツが発送され、お客様自身で交換し、修理を行う方法です。

センドバック方式に比べ、修理までの時間は早いですが、お客様自身での作業になるため、お客様にかかる負担が大きくなってしまいます。

 

コムネットが採用している修理対応方式

コムネットもお客様のご要望に合わせて、センドバック方式や部品発送方式も採用していますが、原則「訪問対応方式」を採用しています。

お客様のもとにメンテナンススタッフが訪問して修理させていただくことで、お客様のお仕事を止める時間や、修理に関しての負担をなるべく最小限でとどめています。

 

コムネットの訪問対応はココが違う

1.メンテナンススタッフが多いため、修理までの対応が早い

他社メーカー様の中には、社内のメンテナンススタッフが数名だったり、メンテナンス業務を外部委託していることで、修理までの対応にかなりの時間を要している場合がございます。

一方、コムネットは、社内に十分なメンテナンスサポートスタッフ(メンテナンス・カスタマーサポートを合わせて24名)が在籍しており、連絡系統が一貫しているため、迅速な対応を可能にしています。

最短で、お問い合わせいただいた当日にお伺いして修理させていただくこともございます。

 

2.再修理の場合、費用をいただきません

メンテナンススタッフが修理作業を行い、その日は不具合が解決しても、数日後に再び同じ不具合が発生するケースが稀にあります。このような場合は、「再修理」となります。

他社様のメンテナンスサポートでは、再修理が発生した場合でも、メンテナンススタッフがお客様の元へ伺い作業を行う分、追加費用がかかる場合がございます。

しかし、コムネットのメンテナンスサポートでは、再修理と判断した場合には、一回目の修理でメンテナンススタッフが「プロフェッショナルとして適切な処置ができなかった」ということで、追加費用はいただいておりません。

 

レーザー加工機の選び方をまとめたガイドをプレゼント中!

目的・コスト・サポート、各内容ごとにレーザー加工機選定のポイントを「加工機選びで失敗しないコツ」としてまとめたここでしか手に入らない資料です。

 

レーザーカッター・レーザー加工機の無料コンサルティング

レーザーカット加工機に関して無料コンサルティングを実施しています。加工機選びはレーザーカット事業の第一歩にして一番の肝です。コムネット株式会社はお客様の最適な加工機選びをお手伝い致します。

 

  • コムネット株式会社
  • コムネットのお届けする
    レーザーカッター・
    レーザー加工機のお役立ち
    情報をいいねしてチェック!