COMNET/コムネット ロゴ
業界別ソリューション
製品・サービス
活用事例
ものづくり応援
ブログ
サポート
会社情報
お問い合わせ

検索

ホームサポート製品・サービス別GCC SPIRIT GLS > レーザーカットに使用するDPI(ドット・パー・インチ)について

‹‹ 戻る

No : 020 公開日時 : 2018/09/12 , 更新日時 : 2018/11/08

カテゴリー : 製品・サービス別 , GCC SPIRIT GLS , レーザーカッターの現象別 , GCC SPIRIT , GCC MERCURYⅢ , GCC C180 , ソフト・PC設定 , GCC VENUSⅡ

DPI(ドット・パー・インチ)について

DPI(ドット・パー・インチ)は、1インチ四方内のドットの数で、解像度にあたります。

彫刻(特に写真彫刻)などではDPIの設定値が大きく影響しますが、数値を上げれば綺麗に加工されるわけではないのでご注意ください。

また、数値を上げると加工時間が長くなります。 また、彫刻時にムラが発生している場合、DPIを下げると改善されることがあります。

基本的にはカット時には大きく影響しません。

関連するよくあるご質問

製品ご購入後専用お問合せ窓口

製品ご購入後専用お問合せ窓口

ご購入いただいた製品についてご質問などは、こちらのWEBフォームからお問合せください。担当者より折返しご回答いたします。

ソフトウェアユーザー登録がまだの方

ソフトウェアユーザー登録がまだの方

プラグインやCADなどのソフトウェア製品の購入後の製品に関するサポートについては事前にユーザー登録が必要です。

レーザーカッター選びで失敗しないコツ

ものづくりのお役立ち情報を
いち早くお届けします
詳しく

ページトップへ