レーザーカッター・レーザー加工機の無料コンサルティングを行っているコムネット 第3営業グループの武島です。 今回は、レーザーカッター(レーザー加工機)での紙の切り抜き加工についてご紹介させていただきます。

レーザーカッターでの紙のカット加工…どのようなイメージをお持ちでしょうか?
「焦げて汚くなる?」「黄ばんで商品としては出せない?」そんなことはありません!熱で加工しているので、全く焦げがなく、黄ばみをなくすのは難しいですが、改善する方法がいくつかあります。

今回は、材料(紙)の下の盤面を変えることで、焦げ・黄ばみを改善する方法をご紹介いたします。
以前、弊社のブログでは、切断面の焦げ&黄ばみを軽減するエアーコンプレッサーを活用したレーザー切断方法をご紹介しております。あわせてご覧ください。

レーザーカッター・レーザー加工機の使い方や選び方をプロに聞きたい方へ。
コムネットの無料コンサルティングで、専門スタッフにご相談いただけます。
>> 無料コンサルティングに申し込む

アルミハニカムに材料を直接置いて加工すると、焦げ・黄ばみが発生しやすい。

通常、レーザーカッターでカット加工を行う際、アルミハニカムの上に紙を直接おいて加工されていると思います。
そのままだとレーザーの跳ね返りによって、背面に焦げ・黄ばみが発生してしまうことがあります。しかし、下記の方法で軽減することができます。

アルミハニカムに材料を直接置いて加工すると、焦げ・黄ばみが発生しやすい。

焦げ・黄ばみを軽減する方法①:段ボール

段ボールで焦げを抑える方法です。紙をカットするデータの外形より少し大きめに段ボールをレーザーでカットして、その上に材料を置いて紙を加工します。
下に空間を作ることで、しっかりと跳ね返りを抑えることが出来ます!

レーザーカッターで紙をカットする時に、焦げ・黄ばみを抑える方法①:段ボール

焦げ・黄ばみを軽減する方法②:気泡緩衝材(プチプチ)

梱包する際によく使われる気泡緩衝材(プチプチまたはエアキャップ)を盤面に敷くことで軽減する方法です。
アルミハニカムの上に、気泡部分が上になるように気泡緩衝材を敷いて、カットするデータを出力して、気泡緩衝材をカットします。
その後に紙を置いて加工を行います。先に気泡緩衝材をカットしておくことで、紙をカットする時にレーザーが通る場所の下のみに空間が作れるので、細かなカット加工も行うことが出来ます!

レーザーカッターで紙をカットする時に、焦げ・黄ばみを抑える方法②:気泡緩衝材(プチプチ)

焦げ・黄ばみを軽減する方法③:不燃紙ハニカム

不燃紙でつくられたハニカムを使って、焦げや跳ね返りを軽減する方法です。
他の方法に比べ少しだけコストがかかりますが、事前にカットをする必要がないため、手軽に軽減できる方法です。

レーザーカッターで紙をカットする時に、焦げ・黄ばみを抑える方法③:不燃紙ハニカム

不燃紙ハニカムの詳細については、こちらのブログをご覧ください。

以上、レーザーカットによる焦げ・黄ばみを軽減する方法でした。
レーザーカッターの紙加工で新しいビジネス・商品開発はいかがでしょうか?

「こんな物を加工してみたい!」「これってレーザーを使えば出来るんじゃないか?」など気になることがございましたら、ぜひコムネットにお声がけください!

パッケージ、ペーパーアイテム、シール・ラベル関連の
ソリューション・事例はこちら

紙へのレーザー加工による「焦げ」でお悩みの社長様へ。紙のレーザー加工サンプル全8アイテムとマル秘資料を無料進呈中

紙へのレーザー加工による「焦げ」でお悩みの社長様へご提案です。
集客力、提案力、技術力の1台で3役をはたす、即戦力となるレーザー加工機SEIシリーズ FLEXIのご紹介です。

紙のレーザー加工品質を実際にお確かめいただくために、全部で8アイテムの紙加工サンプルをご無料進呈しております。
送付ご希望の方は「紙の加工サンプルお取り寄せキャンペーン」フォームから、お申し込みください。

紙の加工サンプルお取り寄せキャンペーンはこちら

【動画で確認】会社の即戦力となるレーザー加工機で紙をレーザー加工

紙加工サンプル8種類とマル秘資料をお届けします!

  1. 蝶のペーパーアート
  2. 羽根の微細加工
  3. 3Dペーパーアートボックス(日本の風景)
  4. 3Dペーパーアートボックス(ハロウィン)
  5. グリーティングカード
  6. スイーツボックス
  7. カップケーキラッパー
  8. レーザー新技法「Water Mark Cutting(透かし彫り)」
  9. マル秘ペイバックシート(費用対効果と生産量がわかる運用試算表)

紙の加工サンプルお取り寄せキャンペーンはこちら