第3営業グループの磯野です。
さまざまな素材に加工ができるレーザー加工機(レーザーカッター)ですが、今回は皮革(レザー)にレーザー加工する際のノウハウや注意点をご紹介します!

皮革(レザー)は、天然皮革・合成皮革・人工皮革と多くの種類があり、世の中で幅広く活用される素材のひとつです。財布・名刺入れ・カバン・ベルトなど革から作られているものはたくさんあります。

 

皮革のレーザー加工は、彫刻・刻印・カット(切断)のどちらにも幅広く活用されています。

皮革(レザー)をレーザー加工機(レーザーカッター)するときに、よくある加工方法は名前やロゴマークなどのデザインを彫刻・刻印する加工に、手作業ではできない細かく複雑なカット(切断)などがあります。

皮革(レザー)のレーザー加工でよく目にするのは、名前やロゴマークなどのデザインを彫刻・刻印する加工です。レーザー加工機のスピードやパワーを調整することで、彫刻の表情を変えることもできます。
スピードを落とし、レーザーパワーを上げると深い彫刻になりますし、焦点距離を少しズラしてやることも有効です。

また、カット(切断)にも活用されていて、特に細かく複雑なカットは手作業ではできないので、レーザーカッターの大きな強みです。

また、上のサンプル画像のように、異なる色の革を貼り合わせて、レーザー彫刻した部分だけ色が現れる「2層レザー」という商材を使うと、一味ちがった商品を製作することができます。

「2層レザー」は、弊社のオンラインショップ「CNマート」でも取り扱っている人気商品です!
2層レザーシート「aMagic」|コムネットのオンラインショップ「CNマート」

レーザーカッター・レーザー加工機では、加工できる素材に皮革があり、本革を加工すれば焼印のように、合皮を加工すれば様々な商品に使用が可能になります。本革だと、財布や名刺入れ、キーケース等の既製品への名入れや刻印用途で使用されることが多いです。

 

皮革をレーザー加工した後の汚れをきれいにするコツ

レーザー加工機(レーザーカッター)のレーザー加工は、熱で加工した面が焦げるので、失敗としてあるのは皮革(レザー)を加工したとき焦げの後処理のときに、綺麗な部分にまで汚れを広げてしまうことです。レーザー加工する際はマスキングテープをすることがおすすめです。

レーザー加工は熱で加工するため、レーザー彫刻・レーザーカットどちらも加工した部分は焦げます。
焦げた部分をきれいにする後処理をおこなう際、綺麗な部分まで汚れが広がってしまった…など失敗した経験がありませんか?私もあります。

その場合は、マスキングテープを貼ってからレーザー加工すると、加工時に着く汚れが皮革全体に付着しなくなるので便利です。
カットした際の断面は、汚れを綺麗に除去してからコバ(木端)を磨き上げると綺麗になるのでお試しあれ!

 

本革の特徴・レーザー加工する時の注意点

レーザー加工機(レーザーカッター)で天然素材の本革をレーザー加工するときは、レーザーによる熱の変形や素材の種類にあった数値で加工することに気をつけましょう。また、クリーナーによっては皮革(レザー)の質感が変わったり、シミになってしまうことがあるので、端材(破材)でクリーナーの効果を確かめてから使うのがよいでしょう。

  1. 天然素材のため、種類がとにかく多いです。素材によって性質が異なるため、一定の数値で加工することが難しいので、必ず材料ごとにテスト加工をおこなった後に本番の加工をするのが吉でしょう。
  2. レーザー加工すると変形してしまう場合があります。レーザーによる熱によって変形する場合があります。その際には、パワーを下げて、かかる熱量を抑えて加工し直してみましょう。
  3. クリーナーによって、質感が変わったり、シミになってしまうことがあります。素材によって相性がよくないクリーナーがあります。端材(破材)でクリーナーの効果を確かめてから使うのがよいでしょう。

 

合皮(合成皮革)の特徴・レーザー加工する時の注意点

レーザー加工機(レーザーカッター)で合皮(合成皮革)は布の層で構成されているので、本革に比べて形が安定していて取扱いが簡単です。手入れも湿らせたティッシュやスポンジで拭くだけで綺麗になりますが、塩化ビニルを含むPVCの合皮はレーザー加工できません。

  1. 合皮は通常、布の層で構成されているので、本革に比べて形が安定していて取扱いが簡単です。
  2. 湿らせたティッシュやスポンジで拭くだけで綺麗になります。
  3. 合成皮革は、PVCとPUの2種類があります。PUはポリウレタンなので、レーザー加工に適していますが、PVCは塩化ビニルを含む素材なのでレーザーで加工はできません。

 

以上、皮革をレーザー加工するときの注意点でした!
レーザー加工機を使えば、様々なデザインをレーザー刻印・彫刻することでオリジナルの革製品を作ることができます。
少し加工を施すだけで全然違ってくるはずなので、ぜひチャレンジしてみてください!

 

他にも、皮革のほかレーザーで加工できる素材について紹介してます。あわせてご覧ください!
こんなものにもレーザー加工ができる!?意外と知られていないレーザーで加工できる素材(皮革・ABS樹脂・石材)

レーザー彫刻した部分だけ色が現れる!異なる色の革を貼り合わせた「2層レザー」
2層レザーシート「aMagic」|コムネットのオンラインショップ「CNマート」

名前やロゴをレーザー彫刻してオリジナルネームタグ、ペット用品に「本革キーホルダー」
本革キーホルダー|コムネットのオンラインショップ「CNマート」

 

各業界向けにソリューションをご提案しております。あわせてご覧ください!

ギフト・ノベルティ・グッズ業界向けのご提案

 

レーザー加工機の選び方をまとめたガイドをプレゼント中!

目的・コスト・サポート、各内容ごとにレーザー加工機選定のポイントを「加工機選びで失敗しないコツ」としてまとめたここでしか手に入らない資料です。

 

レーザーカッター・レーザー加工機の無料コンサルティング

レーザーカット加工機に関して無料コンサルティングを実施しています。加工機選びはレーザーカット事業の第一歩にして一番の肝です。コムネット株式会社はお客様の最適な加工機選びをお手伝い致します。