中央ヨーロッパ・チェコの食品ラベル加工会社の海外レーザー導入事例

中央ヨーロッパ・チェコの食品ラベル加工会社は、2010年からレーザー加工機 SEIシリーズ INFINITYを導入し、食用ラベルを製造・販売しています。

レーザー技術を活用して、食品ラベルとしてパン(教会で供えられる祭壇パン)へレーザー加工し、食品業界での差別化に成功。

食品ラベルのレーザー加工に興味がある方へ。
コムネットの無料コンサルティングで、専門スタッフにお気軽にご相談ください。
>> 無料コンサルティングに申し込む

レーザー技術による食品ラベルのメリット

多彩なデザイン

様々な形とデザインの食用ラベルを作成する事が出来ます。

環境の持続可能性(SDGs)に貢献

オーガニックラベルのためそのまま安心して食べることができ、破棄するゴミも発生せずエコ環境に貢献します。

トレーサビリティ(追跡可能性の付与)

コード、賞味期限、材料、ロゴなどを加工する事ができるので、製造業にとって効率的な生産管理や品質管理を可能にし、最適な製造履歴管理を実現することができます。

非接触で安全な加工

従来のメカニカルダイカット(刃物を使用したカッティング)に比べるとガルバノレーザー技術のカットは、非接触で食品へ加工するため、金属の破片の侵入を防ぐ事ができ安全です。

パンとお菓子にも使用が可能

食用ラベルはパンだけではなく、お菓子や、その他食材によって加工が可能です。結婚式などのイベント用のギフト品への展開など、幅広い用途でカスタマイズして利用ができます。

ブランド力のアップと確実な収益化

食品へ食用ラベルを使用する事で、ブランドのイメージアップと他社との差別化を実現できます。

高い生産性:

デザインとサイズによりますが、10,000ラベル/時間を加工する事ができ、コストパフォーマンスに非常に優れています。

食品へのレーザー加工事例

同社は、スイーツギフトにオリジナルロゴやメッセージを入れるオンラインサービスも展開しており、食品製造・販売業の中でも一線を画した戦略で他社との差別化に成功。ブランド力のアップと確実な収益化につなげている会社です。

中央ヨーロッパ・チェコの食品ラベル加工会社の海外レーザー活用事例:1枚目 中央ヨーロッパ・チェコの食品ラベル加工会社の海外レーザー活用事例:2枚目 中央ヨーロッパ・チェコの食品ラベル加工会社の海外レーザー活用事例:3枚目 中央ヨーロッパ・チェコの食品ラベル加工会社の海外レーザー活用事例:4枚目

会社プロフィール

国名

チェコ

業務内容

食用ラベルの製造・販売

ご導入機種

レーザー加工機:SEIシリーズ INFINITY
作業効率を格段にアップさせるロータリーテーブル標準搭装備のレーザー加工機

レーザーで加工する食品ラベルに興味がある方はこちらからご相談ください