第4営業グループの中野です。
弊社のレーザー加工機は、様々な業種のお客様にご活用いただいております。
今回ご紹介する会社様は「有限会社大昌」様。

 

業種はタンナーです。タンナーとは、原皮から毛や汚れを落とし、柔らかくしなやかに、鞣して(なめして)いくこと、
つまり皮から革へ仕上げる業者のことです。レーザーカッターの用途としては、革工房での使用になります。

 

 

タンナーとは、皮をなめして革(レザー)に仕上げる業者様で、大昌様は馬革を中心に鞣しています。

大昌様は姫路市高木地区にある会社になります。

姫路エリアのタンナーは牛をメインで扱っているところが多いのですが、大昌様は主に馬を鞣しています。
馬革は柔軟性に優れており、強度があります。
馬革は姫路高木地区だけで、日本の約90%以上のシェアを占めています。

また、大昌様は馬だけではなく、猪、鹿、オーストリッチ等の革も作っています。

 

写真はドラムという機械で、皮を鞣す機械になります。

 

 

鞣した革を製品に 姫路レザーを全国のブランドに!

弊社のレーザー加工機GCC LaserPro MercuryⅢを2台導入していただいております。
鞣した革製品をカット、彫刻することで、革製品に付加価値をつけて販売されています。
コムネットは姫路レザーのブランドを全国に広めるお手伝いをさせていただいてます。

現在は、馬革のスマホケースを多くつくられているそうです。

 

 

破棄する皮を積極的に利用し、鞣して社会貢献

現在は有害鳥獣類の皮を積極的に鞣しておられます。
鹿や猪はジビエ料理として最近何かと話題になっていますが、皮は捨ててしまうのが現状でした。

対馬の個人のお客様が大昌様に依頼をして、対馬、屋久島などの有害鳥獣類の鹿、猪の革を鞣し、製品にすることで、地域を盛り上げる活動をされています。
常に新しいことにチャレンジされていて、依頼があれば親身になって相談に乗っていただける会社様です。

過去には、牛革、知床羅臼町のトド、熊の皮も依頼を受けてなめされたそうです。
また、革は半裁から販売されており、5枚から染色、仕上げまでやっていただけます。レーザー彫刻に合う革の選定もしていただけます。

 

コムネットは約3,500社のユーザー様がいます。

ものづくりのお手伝いはもちろんのことですが、
「こういう素材が欲しい」「この素材のことを詳しく知りたい」「お客様とお客様をつなげる」など、
幅広い方面からフォローをさせていただきます。

 

会社情報

 

 

レーザー加工機の選び方をまとめたガイドをプレゼント中!

目的・コスト・サポート、各内容ごとにレーザー加工機選定のポイントを「加工機選びで失敗しないコツ」としてまとめたここでしか手に入らない資料です。

 

レーザーカッター・レーザー加工機の無料コンサルティング

レーザーカット加工機に関して無料コンサルティングを実施しています。加工機選びはレーザーカット事業の第一歩にして一番の肝です。コムネット株式会社はお客様の最適な加工機選びをお手伝い致します。