第3営業グループの橋阪です。
レーザー加工機・レーザーカッターは、加工できる素材がとても幅広く、基本的に、塩化ビニルを含む素材と金属以外(金属加工用レーザー加工機があります。)であれば、ほとんどの素材に加工することができます。
今回も、意外と知られていない、レーザー加工ができる素材を3つご紹介させていただきます。

意外と知られていないレーザーで加工ができる素材:「和紙」

レーザーの紙のカット(切り抜き)加工は、焦げることなくきれいにカットができるとお伝えしましたが、和紙の場合は、カットよりも彫刻用途で加工していただくと、和紙の表面が焦げ、独特な表現をすることが可能です。

通常の紙よりも木の成分が多い分、表面への彫刻に向いているのです。そのかわり、カットをすると焦げが目立ってしまう可能性があるので注意が必要です。

和紙の種類や製造方法(乾燥具合や糊の量)でもレーザー加工した色の風合いが違うので、色々な種類を試してみるとおもしろいです。

レーザーカッター(レーザー加工機)で彫刻加工した和紙

レーザーカッター(レーザー加工機)で彫刻加工した和紙

意外と知られていないレーザーで加工ができる素材:「シール・ラベル」

同じ紙でできたシール・ラベルも、レーザー加工に適しています。
特にシール・ラベルの場合は、ハーフカットが特徴となります。レーザーの出力を調整することで、下の台紙まではカットせずに、表面のシール部分のみをカットします。

シール・ラベルのハーフカットは、どのレーザー加工機でも可能ですが、よりシール・ラベル加工に特化し、生産性の高いロールtoロール式のレーザー加工機もあります。

レーザーカッター・レーザー加工機でハーフカットしたラベル

レーザーカッター・レーザー加工機でハーフカットしたラベル

意外と知られていないレーザーで加工ができる素材:「デニム生地」

生地もカット(裁断・切り抜き)でレーザーカッターが使われていますが、デニム生地の場合は彫刻加工で活用できます。デニム生地をレーザーで彫刻加工をすると、表面の青の染料が飛び、白くなるので、デニム製の小物(バッグ等)にロゴマークやデザインを彫刻して販売されていることが多いです。

また、レーザーでジーンズのダメージ加工を行うこともでき、従来の加工方法よりも生産性が高いと評価を得ています。通常の木材やアクリルの彫刻よりも、パワーをかけずに加工することができるので、ぜひ試してみてください。

レーザーカッター・レーザー加工機でダメージ加工したジーンズ

レーザーカッター・レーザー加工機でデニム生地にロゴデータやデザインを彫刻することができます。

以上、意外と知られていないレーザーで加工ができる素材でした。いかがでしたでしょうか?

レーザーで加工ができる意外な素材は、他にもたくさんあります。
「こんなものにも加工はできるの?」「この商品にレーザーで加工してみてほしい!」などなど、気になる点がございましたら、お気軽にお問い合わせください!

レーザー加工機の選び方をまとめたガイドをプレゼント中!

目的・コスト・サポート、各内容ごとにレーザー加工機選定のポイントを「加工機選びで失敗しないコツ」としてまとめたここでしか手に入らない資料です。

レーザーカッター・レーザー加工機の無料コンサルティング

レーザーカット加工機に関して無料コンサルティングを実施しています。加工機選びはレーザーカット事業の第一歩にして一番の肝です。コムネット株式会社はお客様の最適な加工機選びをお手伝い致します。