第3営業グループの橋阪です。

レーザー加工機・レーザーカッターは、加工できる素材がとても幅広く、基本的に塩化ビニルを含む素材と金属以外であれば、ほとんどの素材に加工することができます。

※塩化ビニルを含む素材は、レーザー加工すると塩素ガスが発生し、レーザー加工機本体にダメージを与えます。

※金属加工には、金属用レーザーが必要となります。

 

レーザー加工機・レーザーカッターで加工されている素材の中で、アクリル樹脂、木材は一般的に広く知られているのですが、展示会などで加工サンプルをお見せしたり、お話させていただくと、意外と「え?こんなものにもレーザー加工できるの!」と驚かれることがあります。

 

今回は、意外と知られていないレーザーで加工ができる3つの素材をご紹介いたします。

 

 

意外と知られていないレーザーで加工ができる素材:「紙」

意外と知られていないレーザーで加工ができる素材:「紙」

レーザー加工機・レーザーカッターで紙を加工すると、「燃えるのでは?」「焦げてきれいに加工できないでしょう?」と心配されるかもしれませんが、レーザーの出力を調整してあげれば、紙も綺麗に加工することができます。

また、レーザー加工機・レーザーカッターでは、手作業や型抜きではできないような、精細で微細な紙の切り抜き加工ができます。紙などの薄い素材に特化したレーザー加工機もありますので、ご興味のある方は是非、お問い合わせください。

ガルバノタイプの普及型モデル レーザー加工機 SEI EASY
https://www.comnet-network.co.jp/hardware/sei/easy.html

圧倒的な生産性 レーザー加工機 SEI FLEXI
https://www.comnet-network.co.jp/hardware/sei/flexi.html

 

 

意外と知られていないレーザーで加工ができる素材:「ガラス」

意外と知られていないレーザーで加工ができる素材:「ガラス」

2つ目の意外な素材は、ガラスです。

ワインボトルや一升瓶などに、贈答用に名入れ加工をすることが多いです。

ボトルなどの円筒形を加工する場合には、「ロータリーアタッチメント」という専用のオプション品を使うことで、円筒形や円錐形のガラスを加工中に自動で回転させることができます。

深く彫るにはサンドブラストマシンの方が適していますが、レーザー加工機・レーザーカッターを使用すると、より効率よく制作することができます。

 

 

意外と知られていないレーザーで加工ができる素材:「ゴム印」

意外と知られていないレーザーで加工ができる素材:「ゴム」

展示会などでお話させていただく中で、お客様に一番驚かれる素材がゴム印です。

「焦げないの?」「臭くないの?」といったご質問をいただきますが、レーザー加工専用のゴム板が販売されているので、問題なくレーザー加工ができます。
(※市販のゴム板は、レーザー加工すると臭いが発生します。)

 

ただし、ゴム板に文字を彫刻するだけでは、押した時に崩れてしまい、ハンコとしては使用できません。

そのため、レーザーの出力を設定するドライバーには、「Stamp Mode(スタンプモード)」というゴム印専用の加工機能が備わっています。

 

 

以上、意外と知られていないレーザーで加工できる3つの素材でした!

他にも、「こんな素材はレーザー加工できるの?」というものがあれば、お気軽にお問い合わせください!!

サンプル加工も常時受け付けております!!

 

 

レーザー加工機の選び方をまとめたガイドをプレゼント中!

目的・コスト・サポート、各内容ごとにレーザー加工機選定のポイントを「加工機選びで失敗しないコツ」としてまとめたここでしか手に入らない資料です。

 

レーザーカッター・レーザー加工機の無料コンサルティング

レーザーカット加工機に関して無料コンサルティングを実施しています。加工機選びはレーザーカット事業の第一歩にして一番の肝です。コムネット株式会社はお客様の最適な加工機選びをお手伝い致します。