第3営業グループの磯野です。

さまざまな素材に加工ができるレーザー加工機・レーザーカッターですが、今回はガラスにキレイに彫刻加工する方法をご紹介します! 

 

通常、ガラスをレーザーで彫刻加工すると、表面がバリバリに…

まず、ガラスにレーザーを当てるとどうなるかというと、ご存知の方もいるかと思いますが、彫刻した面がバリバリになります。

レーザー加工機・レーザーカッターを使用した、ガラスへのレーザー彫刻加工する時に、対策をしないと表面がバリバリしてしまいます。
レーザー加工機・レーザーカッターを使用した、ガラスへのレーザー彫刻加工する時に、対策をしないと彫刻面のキメが粗く触り心地悪くサンドブラスターでの後処理が必要となります。

こんな感じですね。
手触りや見てくれがあまりよくないので、サンドブラストで後加工をされている方も多いかと思います。

しかーし、少し工夫することで、キレイにレーザー彫刻ができちゃいます!
コムネットが取り扱っている、GCC社製レーザー加工機・レーザーカッターを例に、そのコツをご紹介します!

 

 

1.レーザー加工機・レーザーカッターのパラメータ(出力設定)を変更する。

まず、レーザー加工機の出力値を設定する画面で、PPIを写真の右方向(最大値)に振り切ります。

もちろんSpeed、Powerも適正な数値に設定しましょう。
レーザー加工機・レーザーカッターを使用した、ガラスへのレーザー彫刻加工の表面を滑らかにするひとつめのコツは、パラメーター(出力設定)のPPIを写真の右方向(最大値)に振り切り、Speed、Powerも適正な数値を設定します。

 

 

2.新聞紙をガラスに貼り付ける。

さらにもうひとつ!意外とアナログな方法なのですが…
濡らした新聞紙をガラスの加工する面に貼り付けます!

レーザー加工機・レーザーカッターを使用した、ガラスへのレーザー彫刻加工の表面を滑らかにするふたつめのコツは、濡れた新聞紙を加工面に貼り付けます。

これだけで準備は完了!

それではレーザー加工してみましょう!

さてさて、加工面はどうでしょうか…

 

じゃん!!

レーザー加工機・レーザーカッターを使用した、ガラスへのレーザー彫刻加工する時に、対策を行うと彫刻面のキメが細かく触り心地が滑らかになります。

レーザー加工機・レーザーカッターを使用した、ガラスへのレーザー彫刻加工する時に、対策を行うと彫刻面のキメが細かく触り心地が滑らかに、サンドブラスターでの後処理の必要がなくなります。

ご覧の通り、キレイに仕上がりました!

2つ並べて比べるとこんな感じです。

レーザー加工機・レーザーカッターを使用した、ガラスへのレーザー彫刻加工する時に、対策を行うと加工面のキメの細かさが変わり、品質がグンと上がります。

 

写真では、触り心地が伝えられないのが歯痒いですが、工夫したものの方が滑らかな手触りで、品質に大きな差が出ます!

 

以上、少し工夫することで仕上がりが変わってきますので、ぜひ一度試してみてください。

これであなたもレーザーマスター!

このようなレーザー加工ノウハウなど、気になったことがあれば、お気軽に担当営業までご連絡ください!

 

 

レーザー加工機の選び方をまとめたガイドをプレゼント中!

目的・コスト・サポート、各内容ごとにレーザー加工機選定のポイントを「加工機選びで失敗しないコツ」としてまとめたここでしか手に入らない資料です。

 

レーザーカッター・レーザー加工機の無料コンサルティング

レーザーカット加工機に関して無料コンサルティングを実施しています。加工機選びはレーザーカット事業の第一歩にして一番の肝です。コムネット株式会社はお客様の最適な加工機選びをお手伝い致します。