レーザーカッター・レーザー加工機選びの無料相談を受け付けているコムネットのプロダクトサポートグループの藤田です。

木材をレーザーカットする際のお悩みのひとつが「材料表面への煙の付着」です。
一般的な対策は「事前にマスキングテープを貼る」ですが、細かい加工の場合、テープを剥がすのに時間がかかるというデメリットがあります。
そこで今回は、貼るのも剥がすのも簡単な新手法「水張り」をご紹介します。


レーザーカッター・レーザー加工機の使い方や選び方をプロに聞きたい方へ。
あなたに最適なレーザーカッター選びを無料でお手伝いします。
>> レーザーカッター選びの無料相談に申し込む

レーザーカッター・レーザー加工機の基本を知りたい方は、レーザー入門ガイドをご覧ください。
レーザーでできること、加工できる素材、導入されている業界などを体系立ててご紹介しています。

水張りで用意するもの

水張りを行うには、下記の4つを用意してください。

  1. 霧吹き
  2. トレー
  3. 刷毛(ハケ)
  4. コピー用紙
用意する物|木材のレーザーカット時に煙の付着を軽減する「水張り」|レーザー加工道場

水張りの手順

水張りの手順をご紹介していきます。

1.木材を濡らす

トレーの上に木材を置き、表面を霧吹きで濡らします。

手順①:木材を濡らす|木材のレーザーカット時に煙の付着を軽減する「水張り」|レーザー加工道場

2.木材に紙を置き、濡らす

コピー用紙を木材の上に置き、さらに霧吹きで紙を濡らします。

手順②:木材に紙を置き、濡らす|木材のレーザーカット時に煙の付着を軽減する「水張り」|レーザー加工道場

3.表面をならす

ハケで表面をならします。
材料と紙の間に空気が入らないようにならしましょう。

手順③:表面をならす|木材のレーザーカット時に煙の付着を軽減する「水張り」|レーザー加工道場

4.レーザー加工

通常の出力でレーザー加工を行います。
加工時間が長くなると紙が乾燥してはがれてしまうので、3分以内を目安にしましょう。

手順④:レーザー加工|木材のレーザーカット時に煙の付着を軽減する「水張り」|レーザー加工道場

レーザー加工の仕上がりを比較

事前にマスキングテープを貼った場合と、水張りを行った場合のレーザー加工の仕上がりを比較してみました。

マスキングテープと水張りで仕上がりを比較|木材のレーザーカット時に煙の付着を軽減する「水張り」|レーザー加工道場

マスキングテープを貼ってレーザー加工した時の仕上がり

線が細いとテープがちぎれて、はがしにくい時があります。

マスキングテープを貼ってレーザー加工した時の仕上がり|木材のレーザーカット時に煙の付着を軽減する「水張り」|レーザー加工道場 マスキングテープを貼ってレーザー加工した時の仕上がり|木材のレーザーカット時に煙の付着を軽減する「水張り」|レーザー加工道場

水張りをしてレーザー加工した時の仕上がり

細かい部分もちぎれにくく簡単にはがせます。

水張りをしてレーザー加工した時の仕上がり|木材のレーザーカット時に煙の付着を軽減する「水張り」|レーザー加工道場

「水張り」のメリットとデメリット

水張りを行う際のメリットとデメリットについて、それぞれ解説します。

「水張り」のメリット

  • 貼る、剥がすが簡単
  • シワになりにくい

「水張り」のデメリット

  • 濡れてもいい材料にしか使えない
  • 加工時間が3分以上の加工には適さない

まとめ

以上、木材をレーザーカットする時に煙の付着を軽減する新手法「水張り」のご紹介でした。
それぞれメリットとデメリットがあるので、材料や加工シーンに合わせて活用してみてください。

ご不明な点ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

マスキングテープと水張りで仕上がりを比較|木材のレーザーカット時に煙の付着を軽減する「水張り」|レーザー加工道場

操作方法に関するお問い合わせはこちら

会報誌「コムネットニュースレター vol.68」をブログ記事にしてお届けしています

※このブログ記事は、2021年6月にお客様に紙面でお届けした会報誌「コムネットニュースレター」vol.68に収録しているコンテンツをデジタル化してバックナンバーとして掲載しております。

レーザーカッターに関するお役立ち資料を公開中!