システムソリューショングループの内村です。
今年で4年目のIT導入補助金(IT補助金)ですが、2020年11月2日(月)17:00までが交付申請の最終締め切りとなっています。

弊社が取り扱っているサイン・看板業界向け 業務システム SignJOBZ(サインジョブズ)も補助対象として採択を受けております。
IT導入補助金の概要、IT補助金を活用した場合のメリット、SignJOBZ(サインジョブズ)の導入プランをご紹介します。

IT導入補助金(IT補助金)の交付申請期間

当初は、2020年5月より交付申請の受付が開始される予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、中小企業・小規模事業者等の経営及び生産活動に多大なる影響を懸念し、2020年3月より交付申請の受付が開始されています。
ご検討されている方はぜひこの機会を逃さないようにしてください。

IT導入補助金 交付申請期間 : 2020年11月2日(月)17:00まで

IT導入補助金2020 公式WEBサイトはこちら(外部サイト)

【最大3/4の補助!】IT導入補助金の概要、補助率、優先度について

在宅・テレワーク勤務環境の整備および生産性向上の見込めるソフトウェア導入が対象となります。
補助率1/2以下のA、B類型に加えて、本年度は補助率2/3以内(C類型-1)、3/4以内(C類型-2)での申請が可能となっています。

  • 補助額:ソフトウェア導入費用の1/2(最大450万円を補助)
    本年度は、補助額が2/3、3/4になる特別枠も設けられています。
  • テレワークに取り組んでいる企業を優先的に支援予定
  • パソコン等のハードウェア購入は補助対象外です。


SignJOBZ(サインジョブズ)を導入いただいた場合

補助対象経費 : 2,316,000円(税抜)
※総合サポートプランをご契約いただいた場合の初期導入費+1年間の使用料(オプション込み)
補助額 : 2,316,000円×3/4=1,737,000円
補助金を活用した場合の導入経費 : 2,316,000円-1,737,000円=579,000円

約240万円のソフトウェア製品を、60万円ほどで導入できるようになります。

労働生産性 前年度比30%アップの実績

製造原価と労務時間の低減が見込める → 粗利率・労働生産性が向上します!!
※「平成30年度補正 IT補助金結果報告」より集計

IT導入補助金の交付申請の流れ

【図解】IT導入補助金2020の交付申請の流れ

IT導入補助金について相談する

【補助対象製品】サイン・看板業界向け 業務システム SignJOBZ(サインジョブズ)

弊社のサイン・看板業界向け 業務システムSignJOBZ(サインジョブズ)には、生産性・経営を向上させる仕組みと実績があります。

「新型コロナウィルスの影響で、今までの業務形態からの転換期を迎えている…」
「生産性向上のために設備投資を行いたい!」

そんな製造業者様のお力になれるソフトウェアです。

SignJOBZ (サインジョブズ)製造業務での困ったあるあるイラスト漫画

IT導入補助金について相談する

SignJOBZ(サインジョブズ)の4つのプラン

SignJOBZ(サインジョブズ)は、製造業のお客様にマッチする、4つのプランをご用意しております。
一元管理、見積、作業指示書、工程管理、日報、原価管理など、さまざまな機能から、お客様が必要なものをチョイスしていただけます。
※導入後でも、随時上位プランへのバージョンアップに対応しております。

SignJOBZ(サインジョブズ)サポートプラン

IT導入補助金について相談する



製品・補助金に関するご質問などございましたら、下記窓口までお気軽にご相談ください。

電話窓口:078-304-7760(担当:石川・内村)
受付時間:9:00~12:00 / 13:00~18:00
※お問い合わせの際、「サインジョブズ導入に関しての問い合わせ」とお伝えいただければスムーズです。

【あわせてお読みください】お得なサブスクスタートキャンペーン開催中