第5営業グループの瓦井です。

 先日、塗装に詳しいお客様より、面白いものを紹介していただきましたので、
ご紹介させていただきます。

 

レーザー加工機、レーザーカッターで彫刻したアクリル板の断面から、
LEDなどの光を通すと、表面の傷が発光してライトパネルとして使えることは多くのお客様もご存知のことと思います。
(「レーザー導光板」と呼ばれています。)

 

 

このレーザー導光板は、アクリルの彫刻面は白くなるので、通常は、通った光も白く発光します。

アクリルをレーザー加工機・レーザーカッターで彫刻して作るレーザー導光板は彫刻面が白くなるので通った光を通常は白く発光させます。

 

しかし、入光面(光を差し込む側の断面)に「拡散塗料」と呼ばれる特殊な塗料を塗りこむと、このようにアクリル全体に色のついた光が行き渡ります。

レーザー加工機・レーザーカッターでデザインを彫刻をしたアクリル板の入光面に拡散塗料を塗りこむとアクリル全体に色のついた光が渡ります。
レーザー加工機・レーザーカッターでカットした断面図から流し込んだ光が彫刻したボコボコに反射しあいアクリルがまぶしい導光板になります。その入り口に光拡散塗料を塗りこみ光に色を付けています。
光拡散塗料を塗った入光面から色づいた光がアクリル板の中を通り、レーザー導光板になります。LED導光板としてこれからレーザー導光板加工の需要がどういった影響を及ぼすことになるのでしょうか。

 

簡易的な光で照らした写真で分かりづらく申し訳ありませんが、着色部を通った光が、より遠くまで行き渡っているのが分かります。

一般的な水性塗料やラッカー塗料ではこのようにはなりませんよね。

 

世界中で広がりつつあるレーザー導光板加工の需要に、新たな影響を及ぼすことになっていくのでしょうか。
まだあまり流通されていない塗料で、不明な点もあるとのことですが、非常に興味深いと思い、ご紹介させていただきました。
ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

 

レーザー加工機の選び方をまとめたガイドをプレゼント中!

目的・コスト・サポート、各内容ごとにレーザー加工機選定のポイントを「加工機選びで失敗しないコツ」としてまとめたここでしか手に入らない資料です。

 

レーザーカッター・レーザー加工機の無料コンサルティング

レーザーカット加工機に関して無料コンサルティングを実施しています。加工機選びはレーザーカット事業の第一歩にして一番の肝です。コムネット株式会社はお客様の最適な加工機選びをお手伝い致します。