システムソリューショングループの石川です。

コムネットは、日々お客様の困っていることをお伺いして、業務支援・生産管理システム「SignJOBZ(サインジョブズ)」を含めた、困っているを解決できる商品・サービスをご提案させていただいております。

お客様から伺った実際にあった「お客様の困っている」を、業務支援システムを導入してどのように解決したのかを、事例を交えてご紹介しています。

 

前回は、業務システムで情報共有をすることで、社員間のやり取りに要する時間を削減できた事例をご紹介させていただきました。

今回は、画像データ・グラフィックデータの管理に関する困っているのご紹介です。

 

お客様の困っている:見積システムを導入しましたが、図面・写真・印刷データは別で管理が必要で、手間が変わらない。

お客様の困っている:見積システムを導入しましたが、図面・写真・印刷データは別で管理が必要で、手間が変わらない。

「見積システムを導入したのですが、図面や写真、印刷データなどを一緒に管理することができずに困っています。

例えば、同じ仕様でリピートで製作依頼をいただいた際、基本的な情報(仕様、納期、金額、担当者など)はすぐに確認できて便利なのですが、肝心の制作データが紐づいていなくて、制作データの管理がしっかりできていないと、正しい制作データを探すのに時間がかかってしまうんです。

せっかく見積システムを導入して生産性の向上を期待したのに、目覚ましい効果が得られませんでした。」

こういったケースは、本当によく耳にする「お客様の困っている」です。

 

解決策:SignJOBZ(サインジョブズ)は、画像データ・グラフィックデータも一元管理が可能。

コムネットが開発した業務支援システム「SignJOBZ(サインジョブズ)」では、ひとつの案件に対し、関わるデータ(物件管理、見積書、指示書、工程管理)を一元して管理ができます。
さらに、画像データ・グラフィックデータも紐づけることができるのが特徴です。
代表的なもので、Adobe Illustrator、PDF、Word、Excel、JPG、BMPを添付することが可能です。


また、サインジョブズは、物件・見積・指示書のどの機能でも画像データ・グラフィックデータを紐づけて管理することができます。
これは機能によってよく使う部署・部門が異なるため(見積=営業マンがよく見る、指示書=デザイナー・製作部門がよく見る)、社員全員が画像データ・グラフィックデータを確認・共有できるようにしています。

では、業務支援システム「SignJOBZ(サインジョブズ)」の実際の画面で、その使いやすさを実感していただきましょう!

 

物件作成画面

見積作成画面

業務支援システム「SignJOBZ(サインジョブズ)」の見積作成画面

作業指示書画面

業務支援システム「SignJOBZ(サインジョブズ)」の作業指示書画面

工程管理画面

業務支援システム「SignJOBZ(サインジョブズ)」の工程管理画面

 

以上、お客様の困っているを業務支援システムがどのように解決できるのかをご紹介させていただきました。

他にもシステムやソフトウェアの導入によって、劇的に生産性がアップしたり、時間短縮を図ることができますので、ご興味のある方は、お気軽にご相談ください。

 

 

製造業者向け業務支援システム「SignJOBZ(サインジョブズ)」の製品ページはこちら

 

システムやソフトウェアの導入に興味がある方は、ぜひ一度弊社までご相談ください。