第5営業グループの藤田です。
グラフィックソフトCorel DRAW(コーレルドロー)で、円形や線のパスに沿って文字(テキスト)を配置する方法をご紹介します。
今回は、円形のコースターに会社ロゴとWEBサイトのURLをレーザー彫刻する場合を例として、データを作成していきます。

1.文字ツールを使用して、会社名(COMNET)とURLを入力します。

サンプルとして、文字ツールで会社名(COMNET)とURLを入力します。

2.円ツールを使用して、コースターのサイズに合わせた正円を作成します。

今回は直径90mmで作成します。

レーザー加工するコースターのサイズを円ツールを使って正円で作成します。

3.「テキストのパス結合」で、文字(テキスト)を円に沿って配置する。

文字、円のデータ両方を選択した状態で、画面上部のツールバーから「テキスト」➝「テキストのパス結合」を選択します。
すると円データに沿って文字データが配置されます。

「テキストのパス結合」の機能を使い、円に沿って文字(テキスト)データを配置する。 文字(テキスト)データが正円の外側に配置されました。

4.円の内側に文字(テキスト)を配置するように調整する。

このままでは、円の外側に沿って文字データがあるので、円の内側に移動させましょう。
選択ツールで文字データだけをクリックします。この際、円データも選択されていると、位置調整がうまくいかないので注意が必要です。文字データだけを選択するコツは、文字データを一度クリックした後、一呼吸置いてから、もう一度文字データをクリックしましょう。

また、文字データだけを選択している場合と、文字データと円データを両方選択している場合では、表示が若干異なるのであわせて参考にしてください。

文字(テキスト)データが正円の外側に配置されているので、位置調整をしましょう。

では、文字データだけがクリックされているのを確認できたら、円の内側に向けてドラッグしましょう、文字データが円データの内側へ移動します。
これでコースターの内側に文字が彫刻できるようになりました。

選択ツールで文字(テキスト)データだけを選択し、内側へドラッグして配置することで円の内側に文字(テキスト)をレーザー彫刻できるようになります。

5.文字データと円データのグループを解除する。

ただし、このままでは文字と円がグループ化された(くっついた)状態なので、それぞれのデータになるようグループを解除します。
データを選択した状態で、「オブジェクト」➝「パス上のテキストの分割」を選択します。すると文字データと円データが分解され、それぞれのデータだけを選択・編集できるようになります。
レーザー彫刻する際は、文字データだけを選択して出力しましょう。

「オブジェクト」から「パス上のテキストの分割」を選択して正円と文字(テキスト)データを切り離します。

 

以上、円データに沿って文字を配置する方法でした。
この「テキストのパス結合」機能を使用すれば、円以外にも色々なパス(図形や線)に文字データを配置することができます。
みなさんも「テキストのパス結合」を使いこなして様々なデザインを楽しんでみてください!

「テキストのパス結合」の機能は色々なパス(図形や線)に文字データを配置することができます。

レーザー加工機の選び方をまとめたガイドをプレゼント中!

目的・コスト・サポート、各内容ごとにレーザー加工機選定のポイントを「加工機選びで失敗しないコツ」としてまとめたここでしか手に入らない資料です。

レーザーカッター・レーザー加工機の無料コンサルティング

レーザーカット加工機に関して無料コンサルティングを実施しています。加工機選びはレーザーカット事業の第一歩にして一番の肝です。コムネット株式会社はお客様の最適な加工機選びをお手伝い致します。

各業界向けにソリューションをご提案しております。あわせてご覧ください!

看板・サイン&ディスプレイ業界向けのご提案

ギフト・ノベルティ・グッズ業界向けのご提案

印刷・紙器・紙工業界向けのご提案

LED導光板加工業界向けのご提案

テキスタイル業界向けのご提案

金属・板金加工業界向けのご提案