こんにちは!第3営業グループの武島です。
今回は、レーザーカッター(レーザー加工機)での布系素材の加工についてご紹介いたします。

レーザー加工と布地・生地の組み合わせはとても相性がよく、国内海外問わず、さまざまな業界・用途で使われております。カット加工(断裁)だけでなく、表面に熱でマーキングすることで、模様や絵柄・デザインを付けることも可能です。

布地には大きく分けて、天然繊維合成繊維の2種類があります。
それぞれの特性やレーザー加工におけるコツをご紹介していきます。

天然繊維の特徴

代表的なものですと、綿、シルク、デニム生地などが挙げられます。
天然繊維は、基本的にレーザーカット(断裁)もレーザーマーキングも可能です。
カット加工時に、生地によっては熱による変色が発生しますが、少し工夫することで軽減することができます。
また、変色する特性を生かして、模様や絵柄・デザインのマーキングができます。

布地・生地(テキスタイル)のレーザー加工事例:Tシャツへのマーキング

Tシャツへ自由な絵柄・デザインをマーキング・彫刻できます。

布地・生地(テキスタイル)のレーザー加工事例:デニム生地のダメージ加工

デニム生地へ従来の手法と同じ品質でダメージ加工が施せます。

天然繊維をレーザーカット(裁断)する時のコツ

焦げや変色を発生させないためには、レーザーの出力を弱めることが効果的です。
また、エアーコンプレッサーを強く当てることでも、防ぐことができます。
材料によっては、あらかじめ霧吹きなどで濡らすことで、黄ばみを抑えることが可能です。

天然繊維をレーザーマーキング(彫刻)する時のコツ

レーザーの焦点距離を少し離す(約2mm~)ことで綺麗に加工できることが多いです。
出力が強すぎると、ほつれなどが発生するので注意が必要です。デニム生地などは色を飛ばすことができます。

合成繊維の特徴

代表的なものですと、ポリウレタン、ポリエステル、フリース系の生地、フェルト素材、合成皮革(PU)などが挙げられます。

合成繊維は、レーザー加工との相性がとても良いです。
レーザー加工は、熱で溶かしながら加工を行うため、カット(断裁)した布地の断面が溶着処理された加工になり、布地のほつれが出なくなります。
マーキングでは、色合いの変化が出やすく、表面を溶かすことで質感を変える加工も行うことができます。

布地・生地(テキスタイル)のレーザー加工事例:家具などインテリアへの活用

椅子・ソファなどの家具・インテリアでの活用

布地・生地(テキスタイル)のレーザー加工事例:壁紙などインテリアなどへの活用

壁紙などのインテリアへの活用

合成繊維をレーザーカット(裁断)する時のコツ

相性が良いので、簡単にカット加工することができます。ただし、レーザーの出力が強すぎると溶けてしまいます。

合成繊維をレーザーマーキング(彫刻)する時のコツ

レーザーの焦点を少し離す(約2mm~)ことで綺麗に加工出来る事が多いです。
素材によっては、加工することで肌触りが変わるので、新しい付加価値を加えることができます。
薄すぎる素材は、溶けてしまって加工が難しいので、彫刻には向いていません。

※注意※ 塩化ビニールが含まれている布地・生地は、レーザー加工できません!
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

レーザーカッターで塩化ビニル(塩ビ)を加工してはいけない理由

まとめ

以上、布系素材のレーザー加工のコツでした。
布系素材をレーザー加工することで、新しいビジネス・商品開発はいかがでしょうか?
また、作業の効率化のお役に立つヒントはございましたでしょうか?

布地・生地を活用されることが多いテキスタイル・アパレル業界へご提案している特設ページがございます。
あわせてご覧ください!

他にも「こんな物を加工してみたい!」「これってレーザーを使えば出来るんじゃないか?」「この作業を効率化したい!」など、気になることがございましたら、ぜひお気軽にコムネットにお声がけください!

レーザー加工機、レーザーカッターについてのご質問はこちら

資料ダウンロード配布・無料コンサルティング受付中

レーザー加工機の選び方をまとめたガイドをプレゼント中!

目的・コスト・サポート、各内容ごとにレーザー加工機選定のポイントを「加工機選びで失敗しないコツ」としてまとめたここでしか手に入らない資料です。

レーザーカッター・レーザー加工機の無料コンサルティング

レーザーカット加工機に関して無料コンサルティングを実施しています。加工機選びはレーザーカット事業の第一歩にして一番の肝です。コムネット株式会社はお客様の最適な加工機選びをお手伝い致します。