新型コロナウイルスの影響もあり、丸2年以上も海外出張に行っておりません。
例年ですと、長年の取引先がある台湾とイタリアには少なくとも年2回以上、ミャンマーや中国などにも年1回以上渡航していました。

プライベートで海外に渡航することは稀で、台湾には仕事のみで50回以上も渡航していますが、観光は社員旅行を含めて数回しか記憶にありません。
個人的には、海外よりも国内の方が好きなようです。

さて、出張から帰国する度に思うことですが、「空から見る自然の豊かさとその美しさ」には感動すら覚えます。もちろん「無事に帰って来た」という感慨もあるので、増幅されるのかもしれません。

還暦を越え、歳を重ねるごとに強まるのが、「この豊かで美しく、人情味溢れる国を、どうすれば後世に残せるのか」という思いです。
もはや世界は、経済や環境に関する限り、ひとつの国でなんとかできるものではなくなりました。
否応なしに影響を受ける時代となりました。

そのなかで日本独自の伝統や文化を守り、日本と日本人を維持するためには、これまで以上の努力が必要となってくるのではないでしょうか。

微力ながら、「一灯照隅万燈照国」を実践し、世界に誇れる、この素晴らしい日本を守っていきたいと切望する次第です。

会報誌「コムネットニュースレター vol.69」をブログ記事にしてお届けしています

※このブログ記事は、2021年9月にお客様に紙面でお届けした会報誌「コムネットニュースレター」vol.69に収録しているコンテンツをデジタル化してバックナンバーとして掲載しております。

レーザーカッターに関するお役立ち資料を公開中!