レーザーカッター・レーザー加工機選びの無料相談を受け付けているコムネットのメンテナンスグループの奥崎です。

CCDカメラのメンテナンス方法について解説します。
「トンボの読み取りが悪くなった」「急にカット位置がズレるようになった」などのトラブルが発生した場合に、お客様でできるメンテナンス方法をご紹介します。


レーザーカッター・レーザー加工機の使い方や選び方をプロに聞きたい方へ。
あなたに最適なレーザーカッター選びを無料でお手伝いします。
>> レーザーカッター選びの無料相談に申し込む

レーザーカッター・レーザー加工機の基本を知りたい方は、レーザー入門ガイドをご覧ください。
レーザーでできること、加工できる素材、導入されている業界などを体系立ててご紹介しています。

カメラレンズの清掃

加工時に発生する煙や粉塵がCCDカメラのレンズに付着すると、レンズがくもってしまい、トンボがうまく読めなくなったり、読み取りが甘くなり、加工位置がズレてしまいます。

レンズの曇りによるカメラ映像比較(SEIシリーズ)|CCDカメラのメンテナンス方法|レーザーメンテナンス講座 レンズの曇りによるカメラ映像比較(GCCシリーズ)|CCDカメラのメンテナンス方法|レーザーメンテナンス講座

カメラレンズの清掃は、レーザー照射用のレンズやミラーの清掃と同様に、レンズクリーナーとクリーナーペーパーを使用します。
ペーパーにレンズクリーナーをつけて、カメラのレンズをやさしく撫でるように拭いてください。

レンズの清掃|CCDカメラのメンテナンス方法|レーザーメンテナンス講座
  • 強く下から押し上げるように拭かないようにしましょう。 (カメラ本体がズレてしまいます。)
  • 強く擦らないようにしましょう。 (カメラのレンズが傷ついてしまいます。)
  • 汚れが取れない場合は交換(有償)になります。 汚れが付着してないかこまめに確認しましょう。

カメラレンズのゆるみ

機械動作時の振動などで、まれにCCDカメラのレンズがゆるんでしまいます。
レンズがゆるむとカメラのピントが合わず、トンボがうまく読み込めない原因になります。

カメラレンズのゆるみによるカメラ映像比較(SEIシリーズ)|CCDカメラのメンテナンス方法|レーザーメンテナンス講座 カメラレンズのゆるみによるカメラ映像比較(GCCシリーズ)|CCDカメラのメンテナンス方法|レーザーメンテナンス講座

レンズのゆるみは、レンズを手で締めて確認します。下の写真のように手でレンズの黒い部分をつかんで軽く回してください。
回せる場合はレンズがゆるんでいる証拠です。回らなくなるまで締めましょう。

レンズの固定|CCDカメラのメンテナンス方法|レーザーメンテナンス講座

SEIシリーズ:黒い円形の部分を時計回りに軽く締めて確認してください。
GCCシリーズ:ギザギザした部分がゆるんでいないか確認してください。
強く回しすぎると部品が破損する原因になります。ご注意ください。



以上、レーザーカッター・レーザー加工機のCCDカメラのメンテナンス方法についてご紹介しました。
ご不明な点ございましたら、お気軽にカスタマーサポートセンターまでお問い合わせください。

レーザー加工機、レーザーカッターについてのご質問はこちら

会報誌「コムネットニュースレター vol.66」をブログ記事にしてお届けしています

※このブログ記事は、2020年12月にお客様に紙面でお届けした会報誌「コムネットニュースレター」vol.66に収録しているコンテンツをデジタル化してバックナンバーとして掲載しております。

お役立ち資料ダウンロード