第5営業グループの藤田です。
今回は、レーザーカッターでよく製造されているアクリル製のネームプレートの制作工程で、レーザー加工後の「色入れ」の方法について詳しく解説させていただきます。

1.色入れ用道具を用意します

  1. アクリル板
  2. 色入れ用塗料(ラッカー、アクリル塗料)
  3. 色入れ用の筆
  4. ヘラ(あると便利)
  5. アルコール
  6. ウエス(ティッシュ・新聞紙でも○)

アクリルへの色入れテクニック入門:準備するもの①アクリル板②色入れ用塗料(ラッカー、アクリル塗料)③色入れ用の筆④ヘラ(あると便利)⑤アルコール⑥ウエス(ティッシュ・新聞紙でも○)

2.レーザー彫刻加工

色を入れるので、少し深めに彫刻するのがポイントです。

アクリルへの色入れテクニック入門:レーザー彫刻加工

3.筆で塗料を塗ります

筆で大まかに塗ります。はみ出ても後で拭き取るので問題ありません。

アクリルへの色入れテクニック入門:筆で塗料を塗ります

アクリルへの色入れテクニック入門:筆で塗料を塗ります

4.はみ出した塗料をヘラで取り除きます

ヘラがない場合は、このまま塗料が半乾きになるまで乾燥させます。

アクリルへの色入れテクニック入門:はみ出した塗料をヘラで取り除きます

アクリルへの色入れテクニック入門:はみ出した塗料をヘラで取り除きます

5.アルコールで塗料を拭き取ります

平らな板にウエスを巻きつけて、アルコールを染み込ませて塗料を拭き取ります。
加工物が小さい場合は、紙や新聞紙にアルコールを吹き付け、加工物の方を動かして表面を拭き取ると簡単です。

アクリルへの色入れテクニック入門:アルコールで塗料を拭き取ります

6.側面の塗料も拭き取りクリップを付けて完成

アクリルへの色入れテクニック入門:完成したネームプレート

透明アクリルの色入れは?

彫刻部分が白っぽくなるので表から見たときにくすんだり、油性塗料を使うと、細かいヒビ(クラック)が入る場合があるのでご注意ください。

アクリルへの色入れテクニック入門:透明アクリルの色入れは、彫刻部分が白っぽくなるので表から見たときにくすんだり、油性塗料を使うと、細かいヒビ(クラック)が入る場合があるのでご注意ください。

会報誌「コムネットニュースレター vol.55」をブログ記事にしてお届けしています

※このブログ記事は、2019年1月7日(月)にお客様に紙面でお届けした会報誌「コムネットニュースレター」vol.55(2019年新年号)に収録しているコンテンツをデジタル化してバックナンバーとして掲載しております。

「コムネットニュースレター」vol.55のコンテンツ一覧

資料ダウンロード配布・無料コンサルティング受付中

レーザー加工機の選び方をまとめたガイドをプレゼント中!

目的・コスト・サポート、各内容ごとにレーザー加工機選定のポイントを「加工機選びで失敗しないコツ」としてまとめたここでしか手に入らない資料です。

レーザーカッター・レーザー加工機の無料コンサルティング

レーザーカット加工機に関して無料コンサルティングを実施しています。加工機選びはレーザーカット事業の第一歩にして一番の肝です。コムネット株式会社はお客様の最適な加工機選びをお手伝い致します。