OGBSマガジンvol.63(2019年11月号)のUVプリンター特集にて、コムネットのレーザー加工機GCC LaserProシリーズ C180 II(30W)、SPIRIT(40W)をご導入いただいているKIBACOWORKS株式会社様が紹介されました。

KIBACOWORKS株式会社様は、レーザーカッターで自社オリジナルのスマートフォンケースを製造されています。なかには、UVプリンターを活用したデザイン印刷もされており、UVプリンターとレーザー加工機を活用したグッズビジネスを展開されています。

木製品へUVプリンターで印刷する際のこだわりや、UVプリントで直面した課題を解決した時のエピソードなどを語られています。

掲載内容

| 広告企画 | 厚物UVプリンター「LEFシリーズ」導入成功事例を大公開
木の質感を生かす「LEFの使い方」とLEFを活かすための商品開発とは?

木を使ったスマホケースやフォトパネル、キータグなどを製造するKIBACOWORKS(株)。
2011年に創業し、NTTの代理店、スマホ修理業、スマホケース輸入販売を経て、ついには自社オリジナルの木製スマホケースを製造するまでになった。
そのキッカケとなったのが、「運営していたスマホ修理のショップに、あるお客様が木製スマホケースを持ち込んできたんです。たまたまレーザー加工機を持っている知り合いがいたので、デザインを刻んで渡したところ、とても喜んでもらえた。そこから木製スマホケースを作りはじめたんです」と同社。

その後、2012年にレーザー加工機を導入、2013年に自社ブランド「kibaco」をスタートさせた。
現在では自社ブランド商品を製造し、大手雑貨販売店を中心に全国に商品を卸すほか、法人客からの製造依頼、OEM製造などをおこなっている。

プリントの剥がれを丸2日かけて徹底検証

同社が厚物UVプリンターを導入したのは2015年。ある事件が起こったから。
それまでKIBACOWORKSはUVプリントを外注業者に任せていた。
しかし、あるOEM注文が入った時、外注業者から納品された商品のほとんどに「プリント剥がれ」が発生した。

「外注業者にも色々やってもらいましたが、最終的には『できない』と言われた。納期も迫っていたの『ならば自分たちでやるしかない』と考えました」(同社)。
外注先がローランド ディー.ジー.の厚物UVプリンターを使っていたことから、プリント剥がれの原因を突き止めるため、同機種の販売会社を訪れ、丸2日かけて検証作業をおこなった。
「機械ではなく、プリント手法に問題があると考えました。商品に白、CMYKをプリントすれば剥がれるが、グロスインクだと剥がれない、など1つ1つ原因を検証し、最終的には解決法を見つけ出すことができた」。
検証に成功した同社は、すぐにローランド ディー.ジー.の「LEF-20」を導入。納期内に商品を納めることに成功した。
「LEF-20」という新たな武器を手に入れたKIBACOWORKSは、更なる商品展開をはじめた。

木の風合いを生かすため「白プリントしない」

同社商品の主体は「木材」。
それを活用するために、厚物UVプリンターやレーザー加工機を駆使する。例えばスマホケースには、木にウレタン塗装した板材を使用。それにUVプリントした商品が写真④、⑤、レーザー加工した商品が写真⑥。

木材にUVプリントする場合、一般的には木目が絵柄の邪魔になるため、ベースに白をプリントする。
しかし同社はあえて白をプリントしない。

「木の魅力を最大限に生かしたい。デザインも、木目が十分活きるように考えています。OEM注文等では白をベースにプリントする仕事もありますが、それならシールを貼るのと同じ。弊社ブランドとしては、あくまでも木の風合いを大切にした商品を作りたい」。

同社の仕事は現在、OEM製造が約6割、自社商品製造が約4割を占める。全注文のうち、厚物UVプリンターの利用率は約6割。
UVプリント商品で人気なのはスマホケース。価格は3900円で、年間6000個が売れる。昨年12月リリースされた「ウッディウッドフォトパネル」(写真⑧)はA5サイズが6000円、スクエア150サイズが5000円で、年間約2400個売れるそうだ。

2017年には大量注文に対応するため、「LEF-300」を増設。大ロットの注文も受けられるようになった。

「UVプリンターは効率のいい機械。もっと色んな使い方があると感じている。素材とマッチすれば、もっと新しい商品が作れるはず」(KIBACOWORKS)。

同社はこれまで「木」という素材目線で商品開発を進めてきたが、今後は「機械目線」での商品作りに挑む。

「UVプリンターを活用するにはどんな材料がいいのか、色々と試しています。機械目線でも自社のテイストは出していきたい。UVプリンターは色んな使い方ができるので、助けられている部分も大きいですね」(同社)。

OGBSマガジンvol.63(2019年11月号)18-19ページ
| 広告企画 | 厚物UVプリンター「LEFシリーズ」導入成功事例を大公開

OGBSマガジンvol.63(2019年9月号)に掲載:レーザー加工機&UVプリンター導入事例「KIBACOWORKS株式会社」様

OGBSマガジンvol.63(2019年9月号)に、コムネットのレーザーカッターをご活用されている「KIBACOWORKS株式会社」様が掲載されました。

掲載物:OGBSマガジンvol.63(2019年11月号)
発行日:2019年11月
発行元:株式会社ゲンダイ出版

KIBACOWORKS株式会社様 レーザーカッター導入機種

レーザーカッター GCC LaserProシリーズ C180 II

GCC LaserProシリーズ C180Ⅱ(30V)

レーザーカッター GCC LaserProシリーズ SPIRIT

GCC LaserProシリーズ SPIRIT(40V)

GCC製品シリーズ製品のご相談はこちらから

GCC社製レーザーカッターLaserProシリーズ&UVプリンター導入事例

レーザーカッターを活用したグッズ製作事例

資料ダウンロード配布中!