コムネット株式会社が取り扱っているレーザーカッター GCC LaserProシリーズで、CO2レーザーとファイバーレーザーの2種類のレーザーを切り替えて出力することができるハイブリッドレーザーの販売が開始されました。

金属加工ができることで、新規受注アップ! 新規顧客の開拓に!

ハイブリッドレーザーは、樹脂や木材の加工に適したCO2レーザーと、金属加工に適したファイバーレーザーの両方を搭載しています。
アクリルや木材以外の、今までできなかった金属の加工依頼を新しく受注できるほか、新たな商品開発にも活用できます。
ハイブリッドレーザーは、今までの仕事に加え新しい事業を始めるきっかけになるでしょう!

CO2/ファイバーレーザーの切り替えは簡単! 取替作業のタイムロスもなし!

CO2レーザーとファイバーレーザーの切り替えは、出力ドライバーの設定画面内の「Fiber Laser」チェックボタンをON/OFFにするだけの簡単操作!
難しい操作は必要なく、色で指定した部分のみを加工します。

出力ソフトは、今までと変わらずCorel DRAWやIllustratorなので、ユーザー様にとっては馴染みやすい仕様となっております。

ハイブリッドレーザー販売開始:2種類のレーザー(CO2/ファイバー)の切り替え方法

ハイブリッドレーザーの対象機種

レーザーカッター GCC LaserProシリーズ S400

レーザーカッター GCC LaserProシリーズ S400

レーザーカッター GCCシリーズ S400の詳細を見る

レーザーカッター GCC LaserProシリーズ SPIRIT GLS

レーザーカッター・レーザー加工機 GCC社製 LaserProシリーズ SpiritGLS

レーザーカッター GCCシリーズ SPIRIT GLSの詳細を見る

ハイブリッドレーザーで加工できる金属素材

加工できる金属素材:ステンレス、チタン、真鍮、鉄など。

出力の設定や、焦点の調整で彫刻の濃度を変えることができます。
※マーキング・彫刻加工専用となります。
※素材の状態によって加工可能かどうか異なります。事前に加工テストを行ってからお確かめください。

ハイブリッドレーザー販売開始:ファイバーレーザーで彫刻加工した金属サンプル

ハイブリッドレーザーのよくあるご質問

Q.金属に加工すると、レーザーが反射しませんか?
A.ファイバーレーザーは、反射の心配はございません。

Q.レーザーカッターに付属品(窒素ガス・酸素ガス)は必要ですか?
A.必要ございません。

Q.現在持っているレーザーカッターへ取り付けは可能ですか?
A.改造・バージョンアップには対応しておりません。

会報誌「コムネットニュースレター vol.61」をブログ記事にしてお届けしています

※このブログ記事は、2020年1月にお客様に紙面でお届けした会報誌「コムネットニュースレター」vol.61に収録しているコンテンツをデジタル化してバックナンバーとして掲載しております。

資料ダウンロード配布中!